ロックバンド『FLOWER FLOWER』のボーカリスト兼ギタリストとして活動中のyuiさん(26)が今年1月中旬、都内の病院に極秘入院していたことがわかった。休業理由に関わるyuiさんの病気は医師からは「パニック障害の疑いがある」と診断され、以前から精神安定剤を服用していたそう。その薬とお酒を一緒に飲んでしまったために意識が混濁し、そのまま救急車で運ばれたという…
続きを読む⇒ブログランキング

 yuiといえば、12年11月に活動休止を発表。理由について彼女は「限界が来たという感じです。もう歩けなくて立ち上がれないというところまで来たのかなと思います。自分の心が壊れてしまった姿を見せたくなかった」と心の内を語っていた。しかし、昨年5月に名前をYUIからyuiに改め、活動再開。年末には『COUNTDOWN JAPAN 13/14』に出演するなど、すっかり復活を果たしたはずだ。そんな彼女に、いったい何があったのだろうか。音楽関係者がこう続ける。

 「実は最近、彼女はひそかに医師から『パニック障害の疑いがある』と診断され、精神安定剤などを処方されていたんですよ。その薬をお酒と一緒に飲んでしまったため意識が混濁し、そのまま救急車で病院に運ばれてしまったそうです。自宅には、お母さんとyuiの彼氏も一緒にいたそうです。“母公認”のカレはバンドマンだそうで、彼女に付き添って救急車に同乗して病院に行ったそうです」

 パニック障害とは、突然の動悸や息苦しさ、吐き気、めまい、発汗などに襲われる疾患。発作を繰り返すうちに「また起きるのでは?」と不安や恐怖に駆られるようになり、外出を避けて引きこもるケースもあるという。パニック障害に詳しい人形町メンタルクリニック・勝久寿院長はこう語る。

 「ストレスや緊張が重なったときに起きやすい傾向にあります。アーティストなどに多い“完璧主義”の人は注意が必要でしょう。治療としてはSSRIという薬で発作を抑えることが効果的で、精神安定剤を併用する方も多い。1カ月もすれば効果が現れますが、半年から1年ほど続けていくと思われます。アルコールと精神薬を一緒に飲むのは厳禁で、動けなくなったり、意識がなくなることもありえます。とはいえ、発症してすぐ治療すれば治ることが多い疾患。ほとんどの方は、治療をしながら仕事を続けられていますよ」

 搬送当日は大事をとって入院したyuiだが、翌日には無事、退院できたという。
「年末が忙しかったこともあり、幸いにも彼女は年明けからオフに入っていました。そのため、特に仕事に穴をあけることもなかったそうで、現在は、自宅で療養に入っているそうです。今回は薬の知識がなかったため緊急搬送ということになりましたが、彼氏やお母さんに支えられたことで、今は落ち着きを取り戻しているみたいです」(芸能関係者)(以上女性自身)


▼YUI すでに破局?波多野裕文と のツーショット 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

以前からYUIさんと所属事務所の間で仕事の方針をめぐる確執があると報じられていました。出す曲にドラマやCMのタイアップが付くことや、アイドル的な売り出し方にストレスを感じていたようです。このご時世、贅沢過ぎる悩みではありますが、アーティスト気質なYUIさんにはそれが耐えられなかったんでしょうね。しかし事務所もビジネスですから、利益が出ないと成り立ちません。難しいところですね。

現在も事務所との確執は解消されていないとか。双方が妥協点を見出さないと関係修復は難しいでしょうね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に