猫ひろし

まさかのロンドン五輪出場権消滅となったお笑い芸人の猫ひろし。五輪出場に伴う猫の国籍変更は以前よりニュースで騒がれ、批判的な声も少なくなかった。猫本人にとっては国籍を変えてまで得た五輪出場権が剥奪され、相当落ち込んでいるに違いない。
しかし今回の宣告を受けて、猫の関係者からは、“別の国籍を取得してロンドン五輪を目指すべき”という声も出ている・・・

詳細は⇒ブログランキング

続きを読む »

お笑い芸人の猫ひろしさんがロンドンオリンピックへの参加資格を満たしていないといった国際陸連の判断が下った。猫さんは昨年11月にカンボジア国籍を取得し、今年3月にはオリンピック代表決定の会見を開いていた。参加資格を満たしていないと判断された理由は一体、何だろうか?

詳細は⇒ブログランキング

続きを読む »

昨年11月にロンドンオリンピック・男子マラソン出場のためにカンボジア国籍を取得し、今年3月に正式に代表に決定したお笑いタレントの猫ひろし(34) が窮地に追い込まれている。
国際陸上競技連盟が猫の参加資格を疑問視し、カンボジア陸連などに説明を求めており、五輪出場が認められない可能性が出てきたのだ。それだけではない。「週刊新潮」(新潮社)と「週刊文春」(文藝春秋)がともに、五輪代表権取得に関して“買収疑惑”が浮上していることを報じている…

詳細は⇒ブログランキング

続きを読む »

猫ひろし(34)がカンボジア国籍を取得し、ロンドンオリンピックマラソン出場権を獲得した。
マラソンを始めて4年の猫ひろし。実力的には五輪出場レベルにまで達していないこともあり、ネットでは五輪を辞退を勧める批判が相次いでいる・・・
詳細は⇒ブログランキング

続きを読む »

マラソンでのロンドン五輪出場を目指し、カンボジア国籍取得のため今年2月に
帰化申請をしていたピン芸人の猫ひろしが同国国籍を取得したことを所属事務所が発表した・・・
猫ひろしのマラソン最速メソッド 市民ランナーのサブスリー達成術 (ソフトバンク新書)
詳細は⇒ブログランキング

続きを読む »

ページ上部に