ジャニーズ事務所のSMAPが、50枚目の記念シングル『Joy!!』を先月5日にリリースし、初動売上30万枚を記録し、売り上げ推移も順調だ。これは、2月に発売された前作『Mistake!/Battery』と比べても約2倍の売上枚数で、2003年の大ヒット曲『世界に一つだけの花』以来の快挙だという。しかし、露骨過ぎる特典商法にファンから悲鳴が上がっているという…

【送料無料】[枚数限定][限定盤]JOY!!(初回生産限定...

[枚数限定][限定盤]JOY!!SMAP(初回生産限定…
価格:1,709円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 「Joy!!」には、「ビビッドオレンジ盤」「ライムグリーン盤」「スカイブルー盤」「ショッキングピンク盤」「レモンイエロー盤」の5種類があり、それぞれカップリング曲や付属のDVDの内容が異なる。これをすべて揃えると、7,355円になる。

 さらに、CDには同曲を主題歌に起用した香取慎吾主演『幽かな彼女』(フジテレビ系)のドラマファンミーティングへの参加抽選権や、海外旅行や非売品ロゴグッズが抽選で当たる「50! for SMAP!キャンペーン」に応募できるシリアルコード入り応募券を封入。これにより、数十枚購入するファンも続出したようだ。

 SMAPはこれまで、3種類のジャケット違いでリリースすることはあっても、ここまで複数の特典を付けたことはなかったため、発売前からファンの間では「SMAPにはこういうことしてほしくなかった」「いよいよ安売りし始めた」などと賛否が飛び交い、一部では「韓流アイドルの抽選商法と同じで、AKB48の握手券商法より悪質な売り方だ」と悲鳴を上げるファンもいたという。

「おそらくSMAP側も、苦肉の策なのでしょう。CDのチャートは、それがアーティストのイメージにつながってしまう。いちいちそのCDにどんな特典が付いているかなんて世間は知りませんから、アーティストがファンを大事にするあまり過剰な商法を嫌がると、損する時代になってしまったのかもしれません。

 握手参加権やプレゼント応募券、さらに全99種類の生写真からランダムで1枚付いてくる乃木坂46に、桑田佳祐さんがCDランキングで負けた時、桑田さんが自身のラジオ番組で『アンタらズルイよ! 売れりゃいいのかよ、いや、売れりゃいいんだよね(笑)』とグチるような発言をしていましたが、今の音楽業界の仕組みは、大物ミュージシャンですらお手上げ状態なのでしょう」(音楽ライター)

 AKB48によってCDセールス数の意味が失われてしまった今、「ランキング=人気」という先入観を取り払う必要があるのかもしれない。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「AKBより悪質なのは全曲聴くには全部のCDを買わなきゃいけない点でしょ」「カップリング曲が違うなら、別のCDとしてカウントすべきじゃね?」「非売品グッズ進呈ならともかく海外旅行とかただの懸賞じゃないか」「ファンじゃないので別に腹は立たないな 買いたい人は買うでしょ」「普通に売っても売れないんだからなにかしら工夫して売るのは商売の鉄則じゃないの?」などの声が。

コンプリートしたくなるのがファン心理というもの。しかも、このシングルCDに付いているシリアルコードを5種すべて揃えると非売品DVDとオリジナルタオルが貰えるそうです。
今はCDが売れない時代ですし、特典で付加価値を付けるのはしょうがないのかもしれませんね。
問題はこれが直接売り上げランキングに反映されるということではないでしょうか…。他の歌手もフェアに戦えるようなルールなどを設けてほしいものです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に