放送中の『ごちそうさん』、2014年春スタートの『花子とアン』に続く2014年後期のNHK連続テレビ小説が、朝ドラ史上初の外国人ヒロインに迎えた『マッサン』に決まったことが18日、大阪市内の同局で発表された。日本のウイスキーの誕生を支えた竹鶴政孝とその妻、スコットランド出身の妻・リタさんをモデルにした奮闘記。ヒロインは12月中に書類選考を行い、来年1月にオーディション、同2月にヒロインが発表されるという…

NHK朝ドラ50year...

NHK朝ドラ50year…
価格:1,680円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


 映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られる脚本家・羽原大介氏が脚本を担当する。「日本のウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝と妻リタをモデルにしたフィクションとなる。

 ヒロインの条件について、櫻井賢制作統括プロデューサーは「25歳から40歳」の年齢制限を設けることを説明。基本的には白人女性を対象にしているが、国籍は問わず、「ハーフでもクォーターでも」と幅広く門戸を広げることを明かした。欧米文化で育った人、は条件に求めるが、女優としての経験も問わないという。ただ、スコットランド民謡が物語のキーにもなるため、募集要項には「歌の自信のある人」と明記される。

 櫻井氏は「不器用な夫(日本人)が最愛の(スコットランド人の)妻とはぐくんだ“夫婦の時間”から、夢に生きた“日本人の姿”を丁寧かつ大胆に描き出し、愛すべき滑稽なる夫婦の丁々発止が、日本の朝に笑いと涙と夢と元気をたっぷりお届けします」とコメントを発表した。

 【「マッサン」の物語概要】

 大正時代、ウィスキーに目覚めた造り酒屋の跡取り息子がスコットランドに単身渡り、スコットランドの女性と恋に落ち、駆け落ち同然で国際結婚。ヒロインは異国の地、日本で文化の違いに翻弄されながらも、大阪弁を身につけ、日本の“おもてなしの心”を知り、“日本人の美徳”を見いだしていく。太平洋戦争時にはスパイ容疑までかけられたヒロインがそれでも日本を愛し、厳しい時代を生き抜く姿が描き出される。(以上デイリースポーツ)


▼「日本のウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝さん(左)と妻・リタさん(右)画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「これは外タレ共が目の色変えてオーディションに殺到するなw」「春香クリスティーンでいいじゃん」「これはもうオーディション出来レースなんだろうな」「まさかベッキーが内定してるとか」「ハーフがいいよな」「白人キャストがかなり多くなりそう」「朝ドラのヒロインは外国の方だと感情移入しにくいかもなぁ…」「もとの人が白人女性なら、半端にハーフやクウォーターは入れないでほしい」「朝っぱらからウィスキーの話なんて受けるかなあ、今から視聴率心配だわ」などの声が。

ドラマの内容より、誰がヒロインになるのかに注目が集まってますね。タイトルの『マッサン』 は妻のリタさんが夫・政孝さんを呼ぶときの愛称だそうです。

NHKは『国籍は問わず、「ハーフでもクォーターでも」』とのことですが、できればリタさんと同じスコットランド人、もしくはスコットランドの血を引く女性がいいな、と個人的に思います。でなければイギリス人か。
ハーフやクウォーターもいいと思いますが、日本語ペラペラのハーフが無理にカタコトの日本語を喋ってたら違和感はあるでしょうね。

デキレースなどでなければオーデションは難航しそうな予感です。朝ドラ初の試みは果たして成功するのか、今から楽しみですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に