シンガーソングライターのMINMIさん(40)が8日、公式ブログで4歳になる次男の体の一部が壊死した詳しい経過を明かした。次男はカカトを負傷して形成外科で縫合処置を受けたが、高熱や発疹の症状が出たため、いくつかの病院で診察を受け、一部が壊死していることが判明したという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

HOW TO BE A MOTHER [ MINMI ]

HOW TO BE A MOTHER [ MINMI ]
価格:1,404円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



シンガーソングライター・MINMIは8日、公式ブログで4歳次男の体の一部が壊死の詳しい経過を明かした。

 それによると次男は約2週間前、足のカカトを負傷し、大病院の形成外科で縫合処置を受けた。術後、毎日通院し、消毒を施された。その一方、高熱を発して発疹が出たが、担当医には負傷が原因ではないと告げられた。

 MINMIは次男が元々アレルギー体質なので、何らかの薬物に対するアレルギーなのかと考えた。そこでいくつかの病院の内科や小児科で診察を受け、ある病院では「風邪か何か流行りの病気か?」と言われたこともあった。

 やがて次男は口内にも発疹が出て飲食が不自由になり、顔も赤く腫れてきた。

 MINMIは結局、近所のかかりつけの医師を訪ねた。その医師は次男を診るなり「この状態でどうして外科の先生は家に帰したんだろう。感染しているかもしれない」と判断、どこかの病院で入院治療を受ける必要があると勧めた。

 そしてMINMIは以前、友人から紹介されたことのある小児科専門病院を訪ねると、手術を受けた部分の奧が壊死していることが分かった。感染もしていた。

 緊急入院、そして手術。次男はやっと回復へのステップを踏み始めた。

 そしてMINMIは今回のことから「お医者様が言うなら、、、と気になる事を我慢したりせず、かといってモンスターペアレンツ的に自分勝手な主張にならないように 尊敬の念をもって話しあうこと 大切だなと思いました」と、医師と向き合う姿勢を学んだ。

 MINMIは、次男が負傷と病気が重なって4日に手術を受けることを3日、公式ブログで明らかにした。その際は詳しいいきさつを公表していなかった。

 MINMIは2007年、レゲエグループ湘南乃風の若旦那との間に男児を出産、同時に若旦那と入籍した。10年8月に第2子、12年には第3子女児も出産している。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「怖いね。おかしいと思ったら親がすぐ行動しないといけないね」「うちの母、つまようじが手のひらに刺さってできた小さい小さい傷が原因でとんでもないことになって手術したんだよ。小さい傷口が早くふさがってしまったが、実は中でとんでもなく感染が拡大し続けていたのさ。舐めちゃいかん」「大きな病院でも信用できないね 今井さんも最初は癌がわからなかったっていうし」「最初の大病院もそうだがその後もいくつかの病院で診察受けてるのに 普通に怖いわ」「大事に至らなくてよかった やっぱりお医者さんの言うことだからって鵜呑みにしてはいけないんだね」などの声が。

4歳だと手術することも理解できますし、怖かったでしょうね…。

外科だったら感染症にかかる危険性もちゃんと把握しているはずでしょうけど、医師が気づかないこともあるとは…。改めてセカンドオピニオン、サードオピニオンの重要性を痛感しますね。

不安な日々だったと思いますが、大事に至らなくて良かったです。 


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に