2011年10月に「くも膜下出血」で倒れ、現在も自宅で療養しているglobeのボーカル、KEIKOさん(41)が、ツイッターで同じ内容のつぶやきを連日していることから、後遺症の記憶障害症状が出ているのではと心配されている…

globe/get it on now feat.KEIKO

globe/get it on now feat.KEIKO
価格:1,050円(税5%込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング

〈たいへん身体は健康ですが、1人で外出はまだまだ無理です〉――夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が先日、自身のツイッターで妻の近況を報告していた。一進一退の状態らしいが、彼女のツイッターをのぞいてみると、確かに心配になってきた。

 先月27日も今月6日も13日も〈アメトークみたら、寝ますね。お休みなさい〉と、まったく同じつぶやきを。〈お休みなさい〉だけが連日続くこともある。ある専門医がこう言う。

くも膜下出血による高次脳機能障害の可能性は考えられます。記憶力や集中力の低下などさまざまな“症状”があって、例えば、作家なのに文章が書けなくなるなんて場合も。身体的な後遺症はリハビリによる回復が見込めますが、脳に関しては楽観視できません」

 夫の小室は来月2日にソロアルバムをリリースするなど、仕事は順調そのもの。そのぶん忙しくなりすぎたのか、小室はツイッターに〈KEIKOは、とても寂しがりやさんになっていまして、(中略)お留守番の時間はかわいそうです〉ともつづっていた。

「献身的に支える家族が“看病疲れ”で精神的に参ってしまうというケースはままある。共倒れになったら元も子もないので、家族もたまには自分の時間を持つこと。長く支えていくためには、献身的になりすぎてはいけないんです。妻を思う気持ちは分かりますが、小室さんのように〈かわいそうです〉などと、あまり気に病まないほうがいい」(精神科医)

 何だか小室まで心配になってきた。 (以上日刊ゲンダイ)


▼KEIKO 鼻 整形画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

KEIKO さんは昨年ツイッターで「ちょっと前の記憶が1番飛んじゃうかな。あれっ、なんだっけ?みたいな」と投稿し、後遺症の記憶障害について触れていました。医師も驚くほどの速さで回復しているとは伝えられてはいましたが、 以前のような生活を取り戻すにはまだまだ道のりは厳しいよう…。
くも膜下出血は完治して社会復帰できる患者が3分の1程度と言われる病だとか。再発の危険もあるだけに、焦らずゆっくり前に進んでいけるといいですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に