7月31日19時より、4時間超の生放送でオンエアされるフジテレビの大型音楽番組『FNSうたの夏まつり2013。フジテレビのきくち伸プロデューサーが今年3月、自身のブログで「口パク禁止令」を表明してから初めての大型音楽番組となるだけに、出演アーティストに注目が集まっている。
第1弾出演アーティストの発表を見ると、口パク常習者とウワサされるAKBももクロと言った歌手の名前が見当たらない…
続きを読む⇒ブログランキング


この件について、音楽業界関係者はこう話す。

「例えば、AKBグループ。AKB48は同日に札幌ドームでコンサートがあるので仕方がないとしても、昨年出場していたSKE48や乃木坂46なども出演者リストに含まれていない。きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfumeは夏フェスを控えているという事情もあるでしょうが、口パク禁止令を理由にオファーを回避したのでは……という見方も出ています」

 玉置浩二ら実力派シンガーが名を連ねているものの、ジャニーズはSMAPのみ、嵐やAKB48など圧倒的な人気を誇るグループが不在のラインナップは、どこかぼんやりとした印象が否めない。ネットでは「全然ワクワクしない」という意見も見られた。

 視聴者は口パク禁止令をどう受け止めているのか。ネットでは「そのとき限りの声が聞けるという価値が出る」「歌手なのに口パクとか意味不明。徹底的にやれ」など、きくち氏の「歌手であるからには、フツーに歌えることが絶対条件」という発言に賛同する声は多い。

 一方で、「テレビで放送するなら、クオリティの高さやエンタテインメント重視でよいのでは」「歌手なら歌えて当然という意見には同意するけど、“歌手”として見ていないアーティストもいる」などの反対意見もあるほか、「生歌じゃなくてパフォーマンス全盛時代に何を?」という声も上がっている。歌唱よりもパフォーマンスを重視する代表例がPerfumeで、口パク禁止令には、そうした“歌唱がウリではない”アーティストを排除してしまう面もありそうだ。

 また、今回の出演者リストでは、浜崎あゆみやEvery Little Thingなど、歌番組での生歌の不調ぶりがたびたび話題になってきたアーティストや、松任谷由実など「加齢による歌声の衰え」を指摘されるベテラン歌手の名前がないことも注目点のひとつ。これは“勝負を避けた”と受け取れなくもない。

 フジテレビ視聴者総合センターに問い合わせたところ、「出演者の追加発表の有無は、現時点では一切お答えできない」とのことだが、昨年は総勢56組が出演したことを考えると、今年も出演者の第2弾の発表が予想される。口パク禁止令は『FNSうたの夏まつり』の最終的な人選にも影響を与えるのか、今後の追加アーティストの顔ぶれが気になるところだ。(以上日刊サイゾー)


「口パク禁止令」の影響が少なからず出ているのかな?と思わせる顔ぶれですが、第2弾の発表次第では印象がかわるかもしれません。口パク疑惑のある歌手は、オファーがなかったのか、断ったのか、どちらなんでしょうね…。
口パクがいいとは思いませんが、生歌にこだわり過ぎて散々なことにならないといいのですが…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に