EXILEのパフォーマー・AKIRAさん(32)が、10月スタートの連続ドラマ『ハニー・トラップ』(フジテレビ系)で主演を務めことが明らかになっているが、実は俳優・大沢たかおさん(45)のドタキャンによる代役であることを9日発売の『FLASH』が報じている。AKIRAさんは昨夏も元KAT-TUN・赤西仁さんの代役として、ドラマ『GTO』の代役主演を務めている。フジテレビがAKIRAさんを2度も代役に抜擢した理由とは…

劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフー愛ー [ AKIRA ]

劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフー愛ー [ AKIRA ]
価格:5,220円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 AKIRAが演じるのは、一流商社の先端材料の研究員。同じ商社に勤める妻役に仲間由紀恵、またキーパーソン役として高嶋政伸、小澤征悦、池内博之、内山理名などの出演が発表されている。

 産業スパイを題材にした同作は、サスペンス要素や、ハリウッド仕込みの本格アクションシーンが見どころのようで、AKIRAも鍛え抜かれた肉体を生かし、激しいアクションに挑むとか。

 「FLASH」の記事によれば、1年以上前から主演は大沢に決まっていたものの、夏になって突然、大沢サイドが出演をキャンセル。局内は代役探しに大慌てとなったが、結局、白羽の矢が立ったのがAKIRAだったという。

 AKIRAといえば、デキ婚を事後報告したペナルティーとして活動休止した元KAT-TUN・赤西仁の代役として、昨夏にも『GTO』(同)で代役主演を務めた。

 かつて、反町隆史主演で35%を超す高視聴率を記録したドラマシリーズというだけあって、数字が期待されていたが、放送が始まると多くの視聴者から「大根」「棒読み」などとAKIRAの演技力を非難する声が噴出。平均視聴率も13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と振るわず、正月に放送されたスペシャルドラマも6.7%と大コケしている。

 また、今年1月クールで2番手として出演した剛力彩芽主演『ビブリア古書堂の事件手帖』(同)に至っては、“月9”史上最低視聴率である8.1%を記録している。

 これ以上コケれば、いよいよ低視聴率俳優として認識されてしまいそうなAKIRAだが、フジテレビはなぜ、再び彼を代役に抜擢したのだろうか?

放送直前の代役というのは、やはり局側も頼みづらいもの。俳優のプライドを傷つけでもすれば、所属事務所との関係悪化にもなりかねません。しかし、EXILEはその心配がない。HIROが理想とする総合エンタテインメントを実現させるためには、ドラマ出演の実績は不可欠。現在、苦戦している“役者”というジャンルの強化に躍起になっているんです。フジ側もそれを知っているので、代役となればまずノーストレスで頼めるEXILEに声をかける。演技力に関しては、局側も期待していないでしょう」(芸能記者)

 確かに、現在MAKIDAIが主演を務める『町医者ジャンボ!!』(日本テレビ系)は、その大根演技ばかりが話題となり、ファンからは「EXILEの役者としての評判を落としている」と嘆く声も。2007年に旗揚げした劇団EXILEのメンバーを見ても、看板俳優の青柳翔でさえ、テレビドラマでは脇役ばかりだ。

 再びの代役となったAKIRAは、10月から始まる『ハニー・トラップ』で評判を上げることはできるのだろうか?(以上日刊サイゾー)


どうして大沢たかおさんは出演をキャンセルしたのでしょうか?考えられる理由は様々ですが、今年7月に大沢さんが映画「風に立つライオン」で主演を務めることが発表されました。ドラマをドタキャンしたのが夏だそうですから、もしかするとドラマより映画を優先した可能性も!?

芸能事務所との関係悪化を恐れてEXILE頼みなんて、フジテレビは情けないですね…。最高の作品をお茶の間に届けようという思いが感じられないのが残念です。

クールな大沢さんとワイルドなAKIRAさん、まったく印象の違う2人だけに、AKIRAさんに合う役柄なのか気になるところですが、あらすじを見ると面白そうですし、AKIRAさんにとってはチャンスでしょうから、頑張ってほしいです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に