『第55回日本レコード大賞』が30日、東京・新国立劇場中劇場で行われ、EXILEが『EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~』で史上最多4度目の大賞に輝いた。年内をもってパフォーマーを引退するEXILEのリーダー、HIROさん(44)が司会を務めた妻の上戸彩さん(28)の前で最後の花道を飾った。しかし、ネット上では「出来レース」「とんだ茶番」「やらせ」といった非難の声が上がっている…

続きを読む⇒ブログランキング

 史上初の快挙にHIROは「ありがとうございます! 最高の仲間と最高のファンの皆さんに支えられて最高のステージで、最高の賞をいただけて、感動してます」と喜びのコメント。「この感動した気持ちを必ずファンの皆さんに恩返したいと思いますんで、みんなで力を合わせて頑張っていきたいんで、これからも応援よろしくお願いします」と感謝の言葉とともに深々と一礼した。

 司会の安住紳一郎アナウンサーから、「苦しい時代、仕事がない時代もあったかと思いますが」と問われるとHIROは「その苦労があって今の自分たちがあるんで、貴重な経験をさせていただいて、本当に色々な人に、お世話になって…」と感慨深げ。メンバーを見つめると、「この経験を活かして、来年も多くの人に喜んでもらえるようにパフォーマンスにつなげていきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

 また、5年ぶりに司会を務めた、HIROの妻で女優の上戸彩から「この受賞を誰に伝えたいですか?」と急に問われたATSUSHIは一瞬戸惑うも、「当たり前のようですが、両親、家族、そしてHIROさんに華を添えることができて本当によかったです」と笑顔。その言葉を聞いた、上戸もうれしそうに微笑んだ。(以上オリコン)


ネットでは、「はいはい出来レース出来レース」「うゎ…出た出た…確実にヤラセだなぁ…」「司会が上戸彩の時点でもうね…」「今年はミリオン連発したAKB以外考えられないだろ」「茶番過ぎるし上戸彩の好感度もがくんと下がった」「審査員の先生方もある意味気の毒ですな」「あんな公私混同も甚だしい映像を見せられた我々はどうすりゃいいの?」「来年はEXILEがどんな手を使うのか楽しみ」などの声が。

今回はHIROさんの引退に妻・上戸さんの司会と、最初からEXILEの大賞が用意されているような雰囲気でしたね。
世間の認知度はAKB48の恋するフォーチュンクッキーの方が上であることは明らかですし、さすがに今回はHIROさんの花道を飾るデキレースと言われてもしょうがないかなと思います。

HIROさんと上戸さんにとっては最高の思い出になったでしょうけど、世間の夫婦への風当たりは今後、より強くなっていくような気がしてなりません。

それにしても、大賞の発表を安住アナがしたそうですが、過去にも似たようなことってあったんでしょうか?

▼安住アナのレコード大賞発表に観客が笑う 上戸彩「面白いですか?ここ」▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に