深刻な覚せい剤中毒に陥っていると8月に報じられたCHAGE and ASKAのASKA飛鳥涼)さんが、『週刊文春』のインタビューに応じ、薬物使用と吸引中の映像を元に暴力団関係者からお金を要求されていたことを認めた。しかし、使用していたのは覚醒剤ではなく、安息香酸ナトリウムカフェイン(アンナカ)という興奮剤だとASKAさんは主張している…

飛鳥 涼 /...

飛鳥 涼 /…
価格:250円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング

 都内の自宅で3時間にわたって同誌のインタビューに答えたというASKAは「僕は一度もやったことはありません」と覚醒剤の使用は否定。しかし、馬の興奮剤として知られている「安息香酸ナトリウムカフェイン(通称・アンナカ)」を使用していたことを告白

 2000年頃から、眠気やダルさを解消するために病院で処方してもらい服用していたが、「1か月に1回病院に行くのが面倒だった」として、昨年1月に知り合った暴力団関係者から融通してもらったそうで、暴力団関係者からの脅迫は否定したが、同関係者との関わりと薬物吸引中のビデオの存在は認め、アンナカをもらってパイプで吸ったところを隠し撮りされ、その映像を“ネタ”に金を貸すように迫られたと説明している。

 ただし、アンナカは劇薬指定医療品であるため、譲り受けた側に罰則規定はないものの限りなく違法に近い行為とあって、「薬事法違反については認めます」と話している。

 チャゲアスの所属事務所はこの記事について公式サイトに、「ASKAのインタビュー記事について、弊社は一切関知しておりません。現在、事実関係を確認中ですが、ファンの皆さま、また関係者の皆さまには多大なるご心配とご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます」とメッセージを掲載した。

 「今まではASKA本人が直接反論したくてもできない事情があったようだが、それがすべてクリアになったので、独占取材に応じたようだ」(芸能記者)

 同誌によると、ASKAは現在1日1曲ペースで作曲をこなし、大物ミュージシャンとのデュエットソングであるデモテープを記者に聞かせたという。

 ASKAは7月に「一過性脳虚血症」と診断され、8月に予定されていたチャゲアスのライブを延期していたが、どうやら、結成35周年のメモリアルイヤーを迎えた今年中にファンの前に元気な姿を見せることができそうだ。(以上リアルライブ)


ネットでは、「よくこんな言い訳を考えるもんだなと感心する」「経口投与するやつをパイプで吸引しねーよ」「週刊誌を訴えなかったのも納得の展開」「病院より手軽に行ける暴力団ってどんな所?」「パイプで吸引ってのが何ともごまかしが効いてないしw」「炙りに詳しい酒井(法子)さんのコメントが聞きたい」「アンナカだと思ってたって言うための第1コンボ」「わざわざ墓穴掘るような証言しなくても」「やっぱ全然ダメじゃんこの人」などの声が。

◆安息香酸ナトリウムカフェイン(アンナカ)とは・・・ 
眠気、けん怠感のほか、血管拡張性および脳圧亢進(こうしん)性頭痛(片頭痛、高血圧性頭痛、カフェイン禁断性頭痛など)に効果があり、薬事法では「劇薬」に分類される。
白色の粉末で、通常は成人1回0・1~0・6グラムを1日2~3回経口投与。大量投与の場合はふるえ、頻脈、期外収縮、耳鳴り、不眠、不穏などの副作用がある。(独立行政法人・医薬品医療機器総合機構のHP参照)

 

安息香酸、安息香酸ナトリウムというのは化粧品や食品の添加物として有名ですが、「安息香酸 ナトリウムカフェイン」は初耳でした。アンナカはカフェインに安息香酸ナトリウムを加えて水に溶けやすくしたものだそうです。

この安息香酸ナトリウムカフェインは粉末でも経口摂取が普通なんだとか。それだけにガラスパイプで吸ったASKAさんに疑念を抱く声が多くありました。その点についてASKAさんは、元暴力団員から「これでアンナカを吸ったら少量で済むから、体に害はないよ」と勧められたと説明しています。そして隠し撮りされたわけですが、その映像は完全に覚せい剤使用中としか思えず、映像の中の音声には「シャブはもう止めた方がいいっしょ」と言う元暴力団員の声が入っており、ASKAさんはまんまとハメられたと発言しています。結局、その映像を元に5千万円をゆすられることに…。

完全否定から一転、覚せい剤ではないものの、薬物使用や吸引ビデオの存在をアッサリ認めたASKAさん。この一連の流れを素直に受け止めるのは難しいですね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に