AKB48の第4回選抜総選挙の結果発表まで後わずか。昨年1位を獲得した前田敦子が卒業を表明し、選挙を辞退したため、新たなエースの誕生に注目が集まる中、4回目となる今年は初めてフジテレビで完全生中継されることも決まった。
しかし、これに日本テレビの上層部が激怒。現場では「AKB総選挙ネタはNG」という指令まで下されてしまったという…

【送料無料】AKB48総選...

AKB48総選挙公式ガイドブック 2012
価格:1,200円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

鉄壁のメディア戦略を誇ってきたAKB48にとって、蟻の一穴となるかもしれないこの事態。

「これまでAKBは、写真集などの出版利権を各社に割り振りることで、週刊誌にスキャンダルが書かれないよう体制を築いてきました。テレビやスポーツ新聞はいわずもがな、AKBのスキャンダルを書くのはもはや『週刊文春』(文藝春秋)と『週刊新潮』(新潮社)だけ、というイビツな状況だったのです」(マスコミ関係者)

 ところがいま、思わぬところから火の手が上がったという。それは身内も身内だった日テレだ。日テレはどこの局よりも先駆けていち早く、ゴールデン帯でAKBグループをメーンにした番組『なるほど!ハイスクール』を放送。昨年の総選挙は同番組の1コーナーという形で一部だけ中継された。

もちろん今回の総選挙中継を巡っても、日テレは手を挙げたというが、選ばれたのはよりによって昨年最後まで視聴率争いを繰り広げたフジテレビ。これに日テレ上層部が激怒したというのだ。

「その結果『AKBを取り上げるのはいいけど、総選挙の話題はNG』という困った指示が現場に出されました。選挙前にメンバーがイベント等に出演すれば、当然話題は総選挙になるのですが、この部分は基本的に使うなということです」(日テレ関係者)

 だからといって、日テレとAKBが全面戦争に突入する可能性は限りなく低いという。

「総選挙が終わったら、バンバン選挙の話題を取り上げていいそうです。ただ選挙前に煽って、フジテレビの視聴率に貢献する必要はない、という判断の元NG指令が出ているだけですよ」(前出関係者)

天下の日本テレビを右往左往させるほどの巨大勢力に成長したAKB48。フジテレビの生中継番組の視聴率にも注目が集まっている。(以上サイゾーウーマン)


毎日新聞デジタルの独自調査では、総選挙に興味のある人は2万人中515人という、割合にすると2.5%という結果が出たそうです。AKBが好きな人は大勢いても、“推しメン”がいない人にとっては関心が薄いかもしれませんね。
とはいえ、これだけメディアでも大きく取り上げられている総選挙ですから、ファンでなくとも気になる人は多いはず。昨年のような前田さんと大島さんのトップ争いがないのが寂しいですが、やはり結果は気になります。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に