V6Hey!Say!JUMPが今夏の『24時間テレビ38 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーをを務めることが分かった。番組史上初の2世代パーソナリティーとしてタッグを組むことになる。また、両グループの計15人という人数は史上最多でもある…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング


「V6」と「Hey!Say!JUMP」が今夏の日本テレビ「24時間テレビ38 愛は地球を救う」のメーンパーソナリティーを務めることになった。5日に放送された特番「日テレ系人気番組NO.1決定戦」(後7・00)で発表された。番組史上初の2世代パーソナリティーとしてタッグを組む。

 今回のテーマは「つなぐ~時を超えて笑顔を~」。大人世代の「V6」6人と若者世代の「Hey!Say!JUMP」9人の計15人という人数は史上最多となる。

 「V6」がパーソナリティーを務めるのは15年ぶり(2000年は番組パーソナリティー)。1998年には森田剛(36)がチャリティーマラソンランナーとして100キロを完走した。坂本昌行(43)は「人と人をつなぐには笑顔が大事。笑顔をつないで、1つの輪になったらいいなと思います」と抱負を語った。

 「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴(23)は「V6」の坂本と20歳差。「お父さんの胸を借りるつもりで」と張り切り、中島裕翔(21)は「V6さんの大人世代とは違った形で、自分たちならではのフレッシュさを出して、いろんな輪がつなげていけたらという所存です」と意気込んだ。(以上スポニチアネックス)


ネットでは、「ちょっと人数が多すぎでは?MCにまとまりがなくなりそうで心配…」「24Hテレビがジャニーズ番組になりつつあるね」「V6だけでよかったと思う。平成はもうちょっと知名度あげてからの方がいい」「2世代でやる意味がわからないし今年も見ません」「パーソナリティーが多いと24時間丸々テレビに出なくてもいいから、休めていいかもね」などの声が。

2グループでのパーソナリティーはジャニーズ側の意向でしょうね。推測ですが、HeySayJUMPはまだ知名度が少ないため、V6と抱き合わせということになったのかと。

24時間テレビは体力勝負でもありますが、これだけ人数がいれば個々の負担が減るのでメンバーの元気な姿が見られるのはファンとしても嬉しいでしょうね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に