覚せい剤取締法で逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA容疑者(56)の逮捕の決め手が、妻・洋子夫人(59)の証言だったことが分かった。ASKA容疑者の異常な言動に苦悩した夫人は、夫の更生を考え、情報提供したという。夫人は警察に直接情報提供せずにChageさんに相談し、Chageさんが関係者に話して警察に伝えられたようだ…楽天市場の商品で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング

 CHAGE and ASKAのASKA(本名宮崎重明)容疑者(56)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、警視庁が逮捕に動く大きな決め手となったのは、洋子夫人(59)の証言であることが22日、分かった。ASKA容疑者が異常な言動を繰り返すことに苦悩し、夫の更生を考えて情報提供。Chage(56)にも相談する中で、苦渋の決断だった。

 物証だけでは逮捕に踏み切るのが難しい中、警視庁組織犯罪対策5課が「間違いなく陽性反応が出る」「自宅で所持している」などと確証をつかめたのは、洋子夫人の証言が決め手だった。

 関係者によると、洋子夫人はASKA容疑者が自宅で異常な言動を繰り返し、家族とまともに接することができなくなっていることに苦悩。昨年8月の週刊文春の薬物使用疑惑報道後、警察の捜査が家族にも及び、Chageに相談した。関係者は「夫のことでチャゲアスが解散に追い込まれてしまうかもしれないと思って真っ先に相談したようだ」と説明した。

 報道からしばらくたつと、ASKA容疑者の人格が再び変貌したため、夫の身を案じて口を開くことを決断。関係者は「世間体を考えるとASKAさんのことを話すのはつらかっただろう。このままでは薬物にむしばまれて、身を滅ぼしてしまうと心配して、実情を話された」としている。

 ただ、洋子夫人は警視庁に直接、情報提供をしておらず、Chageから伝え聞いた関係者が話したとみられる。洋子夫人は17日、警視庁による東京都目黒区の自宅の捜索に立ち会っており、
同課は「夫人とは家宅捜索の時に初めて会った」と明かしている。

 洋子夫人の旧姓は八島で、CBC(中部日本放送、名古屋)と毎日放送(大阪)の元アナウンサー。ASKA容疑者とは、チャゲアスのラジオ番組(83~84年)で共演して知り合い、87年に結婚。2人の子供にめぐまれた。

 長男はロックバンド「THE N.E.E.T」のボーカル・SOで、長女は12年にメジャーデビューしたシンガー・ソングライターの宮崎薫。ともに20代半ばで、父と同じく音楽の道を進んだ。家族とまともに接することができない父の姿を見て、心を痛めていたようだ。 style="font-size:60%;">(以上スポニチアネックス)


奥さんは苦渋の決断だったでしょうね…。でも、見捨てたり隠そうとしたりしないのはASKA容疑者への愛情なんだとも感じました。

チャゲさんも薬を止めさせようと説得していたみたいですし、警察に通報した関係者など、ASKA容疑者は周囲の人に恵まれていますね。

それだけに余計、今回のことは残念。
家族やチャゲさん、ファンのためにも罪を償って薬を断ち切ってほしいです。

▼ASKA夫人 矢島洋子さん画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に