12月28日にフジテレビで生放送された「笑っていいとも!年忘れ特大号2011」の番組内で、劇団ひとりとAKB48の秋元才加ブータン国王夫妻のモノマネを披露した。
すると、これが国王夫妻を侮辱しているのでは、といった批判の声がネットを中心に波紋を広げ、劇団ひとりのツイッター炎上している・・・
AKB-008 AKB48 2012TOKYOデートカレンダー 秋元才加
詳細は⇒ブログランキング


問題とされているのは「いいとも!ものまね紅白歌合戦」のコーナーでのこと。

今年11月に国賓としてブータンのワンチュク国王夫妻が来日すると、日本国内での国王夫妻の人気は高まり、一躍脚光を浴びた。

劇団ひとりとAKB48の秋元才加は国王夫妻に扮して登場すると、国王夫妻とはまったく関係のないコントを始めた。中には下ネタもあり、変顔をしたり鼻に指を入れるなど国王夫妻を愚弄するような姿を見せ、笑いを取った。するとネット上ではすぐさまこれを問題視する声が出てきたのだ。

2ちゃんねるでは、「これ、ブータンの人が見たらどう思うだろう」「超えちゃいけないライン完全に超えてる」「ブータンに申し訳がない」「局がどうかしている」などと非難の声が上がっている。

また、ツイッター上では劇団ひとりさんのアカウントにもコメントが相次いでおり、「ブータン国王のものまねは最低だ。本当にTVは終わってる」「フジテレビはじめ、マスコミ許せない」「これは酷い。大人のする事じゃない」との抗議する声が見られた。

一方、YouTubeやニコニコ動画にも、同番組の動画がアップされていたが、現在はフジテレビの申し立てによって、多くは削除されているようだ。

ブータン国王は親日家と知られ、東日本大震災発生直後の12日には日本の被災者のための式典を行い、復興支援として義援金100万ドル(約8000万円)を日本に寄付した。

また11月には国賓として日本を訪れ、福島の被災地の小学校を訪問し、子どもたちを激励するなどした。(以上サーチナ



侮辱した内容ではありませんでしたが、国王夫妻に対しての敬意などは一切感じられず、個人的には見ていて不快でした。

逆の立場に立ってみれば、天皇皇后両陛下が他国でお笑いのネタにされれば日本では大きな問題になるでしょう。やはり批判が出ても仕方ありませんし、企画し、放送を許可したフジテレビの責任は重いものだと思います。

フジテレビは過去に「王シュレット」というネタで王監督から抗議を受けて謝罪したことがありますが、まったく反省していないのでしょうかね・・・。

相手が国王夫妻だけに、フジとしても無視はできない問題だと思います。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に