ソチ五輪で金メダル最有力候補と期待されたものの、4位とメダルなしに終わったスキージャンプ女子の高梨沙羅選手(17)。マスコミの間では沙羅選手よりの寛也さんに注目が集まっているという。きっかけは昨年の夏こと。父・寛也さんから取材に来てほしいとマスコミに連絡が入り、各社が慌てて北海道川上町に集まった。そこで記者たちを待っていたのは、沙羅選手の母・千景さんがオープンしたという焼き肉店のお披露目パーティだった・・・

続きを読む⇒ブログランキング

「ある騒動」が起こったのが今夏のこと。高梨の父親や関係者から北海道のスキー担当記者らに次々と連絡が入った。

「ちょっと上川町(高梨の実家)の方に取材に来てくれないか。内容はこっち(上川町)で話す」 取材に関する公式リリースもなければ、内容に関しての説明も一切なし。これにテレビ、新聞のスキー担当記者らは 「沙羅パパからの突然の連絡となれば、沙羅に何かあったはず。ケガかソチ五輪断念か、はたまた恋愛か」と色めき立ち、おのおのの取材予定をキャンセル。 「我先に」と札幌から車で3時間以上かかる高梨の自宅近くの指定された焼き肉屋に向かった。

現地に集まった報道陣はおよそ30人。北海道でこれだけの報道陣が集まるのは異例のことだ。そこへ、高梨の父親が登場。固唾(かたず)をのんで見守るメディアを前に今回の「取材内容」を明かした。

「実は……、このたびウチがここの焼き肉屋を経営することになった。そこで、テレビや新聞でお店を紹介してほしいんだけど……」

唖然とする報道陣に、高梨の父親や関係者は満面の笑みで焼き肉を振る舞い始めた。「沙羅のことじゃなく、自分の店の宣伝のために俺たちを呼んだのか」と憤りが募り、目の前の焼き肉にも箸が進まない。 その後、店を出ようとした際には沙羅パパから5000円の「会費」まで取られた報道陣。「現場」を去る際、大半の記者の顔が怒りに満ちていたのは言うまでもない。(以上日刊ゲンダイ)


ネットでは、「記者になんの同情もわかねえw」「これは実際されらたらかなりムカつくと思う」「親父GJすぎるだろこれwwwww」「もっとやっていい マスゴミ共はもっと痛い目をみるべき」「わざと嫌われることでマスコミを遠ざける やるな父ちゃん」「オリンピックでメダル逃したから言い出すなんてマスゴミの性根が腐ってるだけだな」「内容も確認せず行くマスゴミもバカだけど、キレて当然だわwww」「呼んでおいて会費取ったのかよ」「マスコミ対策にこれいいな 流行ればいいのに」などの声が。

メダルを逃した途端に去年の夏の話を持ち出してネガティブ記事を出すなんて、卑怯ですよね…。
メダルを取って当たり前といった過度な報道がどれだけ高梨選手には重圧だったことか。それなのに結果が出せなかったら手のひら返しとは恐ろしい…。

普段は黙っていても常にマスコミが押し寄せ、高梨選手も家族も神経を擦り減らすことが多かったでしょう。元々、父・寛也さんはメディアの扱いがうまい方らしいので、マスコミをけん制する意図があったのかもしれませんね。

この度のソチ五輪ではメダルを逃してしまいましたが、悪条件の中で4位というのは立派だと思います。この悔しさを4年後の平昌で晴らしてほしいですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に