高嶋政伸(45)と美元(33)夫婦のドロ沼離婚裁判が19日、結審した。2人は姿を見せずに弁護人が出廷。争点に関わる証人の陳述書をはじめ、メールやファクス、写真、動画など生々しい証拠資料の提出がされ、その中身に注目が集まった…

【中古】afb【古本...

何の因果で/高嶋政伸
価格:429円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

美元側が提出したのは、16年前に出版された高嶋の自叙伝「何の因果で」。主演ドラマ「HOTEL」(TBS)がヒットし、俳優として軌道に乗りかけていた当時、世界各国へ自分探しに出かけた旅行記だ。あまり知られていない“高嶋の素顔”がつづられ、本人の訴えや証言を否定されかねない記述がてんこ盛りなのだ。

たとえば、旅費。美元が結婚1年後、約半年間かけて英国、米国、中国、チベット、韓国などを旅行。その際の旅費650万円を高嶋が負担したと、妻の浪費癖を訴えた。それに対し、美元は夫が訪れてよかったという場所を勧められるがままに旅したと強調したが、自叙伝には仏や伊を訪れた高嶋は、母がイチ押しの高級レストランを訪れ、ダイアナ妃が好んだ「ホテル・リッツ」や5つ星常連の「ホテル・ダニエリ」などに宿泊している。高嶋は旅するごとに「“一人旅中毒”になっていった」と述懐。美元への非難が理不尽にも思える。

また「怒ると手がつけられなくなる」と凶暴ぶりも明かされたが、旅先で不当な扱いを受けた高嶋はカチンときて「ふざけんなよ! そんな言い方はねぇだろう」と、本の中で反省したりもしている。

ちなみに、変わった体験談も告白している。3年ほど付き合った彼女との関係に終止符を打ち、旅立ったが、フィレンツェ行きの列車内で飲んだくれていると別れた元カノが出現し、膝の上に飛び乗ってきて「ねえ、まだ私のことが好きなんでしょう」と耳元で囁いたとか。

さらに高嶋が勧めて美元が二重まぶたにプチ整形したことについて。「冗談でも一度も(勧めたことは)ない!」と強く反論したが、高嶋自身が長年、右頬にある直径1センチほどの大きなほくろにコンプレックスを抱き続け、芸能界デビューを機に除去し、楽になったとプチ整形を肯定するようなエピソードもある。(以上日刊ゲンダイ)


 <政伸と美元の離婚問題経過>

 ▼08年4月16日 帝国ホテルで結婚を発表。「この人を逃すと僕の幸せはない」(高嶋)「私の分身と思うくらい」(美元)。

 ▼同9月8日 結婚。

 ▼09年8月 美元が翌10年3月まで海外旅行。

 ▼10年5月17日 生活費のことで口論。

 ▼同8月 高嶋が自宅を出て別居。

 ▼同9月 高嶋が東京家裁に離婚調停を申し立てた。結果は不調。

 ▼11年3月 高嶋が東京家裁に裁判を申し立てる。

 ▼同14日 美元がブログで離婚拒否の意思を発表。

 ▼12年6月1日 離婚裁判が行われ高嶋は「被告は完全なるストーカー行為」などと主張。(以上日刊スポーツ)


▼高嶋が「無理やりキスされた」と主張している、新幹線でのキス画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

2人が離婚できる可能性は五分五分と言われているだけに、俄然判決に注目が集まるところですね。ただ、双方どちらにしても納得いかない判決が出るのは間違いないので、そうなると控訴でしょうか…。
美元さんは現在、高嶋さんから月45万円もの生活費を受け取っているそうです。そう簡単に離婚はしたくないんでしょうね…。
気になる判決は11月9日に言い渡されます。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に