元TBSアナウンサーの雨宮塔子さん(43)が、夫でパティシエの青木定治氏(46)と離婚に向けた話し合いをしていることが分かった。2人はフランス・パリで暮らしているが、既に昨年夏から別居。雨宮さんは離婚後もパリに拠点を置くという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

パリ、この愛しい人たち [ 雨宮塔子 ]

パリ、この愛しい人たち [ 雨宮塔子 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 パリでの生活ぶりをつづった著書も9冊を数えるなど、エッセイストの顔も持つ雨宮が大きな人生の岐路に立っている。

 99年3月にTBSを退社し、美術史を学ぶために単身パリに渡った雨宮が02年6月に雑誌の取材で出会ったのがパリ市内に店を構えたばかりの青木氏だった。意気投合した2人はその年の10月26日にゴールイン。11歳の長女と9歳の長男、2人の子供にも恵まれて幸せな生活を送ってきた。

 世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で昨年、最優秀賞を受賞するなどショコラティエとしての評価も高まる青木氏は現在、パリに4、日本に5、台湾に2店舗を出店するなど、パリを拠点に事業を拡大している。そんな青木氏を雨宮は子育てをしながら“内助の功”で支えてきたが、仕事一筋の夫をリスペクトしながらも家族の時間がつくれないことに、もどかしさも感じてきたようだ。夏のバカンスを家族で過ごすのが当たり前のフランスで、家族で海外に出掛けたのは一昨年に店舗の視察を兼ねて出掛けた台湾ぐらいだったという。

 夫婦をよく知る関係者によれば、双方代理人を立てて離婚に向けた協議に入ったのは昨年の夏。間もなく青木氏が家を出る形で別居生活に入り、基本的には合意に達しているという。どちらかの不倫などではなく、すれ違い生活で2人の間にできた溝が修復できないほど大きくなってしまったのが理由のようだ。

 パリで結婚した雨宮と青木氏は双方代理人を立て、煩雑なフランス式に従って離婚の手続きを進めている。2人の子供は雨宮が引き取るが、父親の青木氏から親権が消えることもないという。

 雨宮は今年夏に最新刊「パリ、この愛しい人たち」の出版に合わせたプロモーションで日本を訪れたが、今後も生活の拠点はパリに置き、仕事がある時に帰国するスタイルを続ける。(以上スポニチアネックス)


ネットでは、「最近、露出が多いと思ったら…」「パリで楽しく生活してると思ってた!! 」「ミポリン同様パリに行くと有名人は離婚してしまうね」「やっぱりな。。以前、ドキュメント番組で青木氏の密着をやっていたの見たけど、仕事熱心なあまり、店に寝泊まりしたり、スタッフの指導に熱心すぎて、寝食ともにしてる様子が放送されていて、あぁ、塔子 幸せじゃないんだろうな。。って思ってた。」「ご主人は、フレンドリーな魅力的な人だけど、女性ともフレンドリーって聞いたことある…」「中山美穂が離婚した時は、お友達の雨宮さんと雲泥の差が付いたなと思ったけど、雨宮さんとこも危機的状況だったのね、、、」などの声が。

仲睦まじくパリで結婚生活を送っていると思っていましたが、離婚とは残念です。
原因はすれ違いのようですが、ネット上では「青木さんの浮気じゃない?」なんて声も…。

離婚後もパリで生活していくことについては、パリで生まれ育ったお子さんの為でしょうね。
これからは日本で頻繁に雨宮さんの活躍を見られることになりそうです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に