女優の鈴木京香さん(45)と俳優の長谷川博己さん(36)が今春にも結婚するというビッグニュースが入った。 2人の出会いは2010年のNHKドラマ『セカンドバージン』。その後、同名の映画でも共演し、撮影終了後に交際がスタート。関係者によると、すでに都内で同居しており、身内や数人の関係者にも報告を済ませているという…

続きを読む⇒ブログランキング


複数の関係者によると、2人は13年夏ごろから結婚を意識。すでに都内のマンションで 同居生活を始めており、ごくわずかな関係者や友人にはあいさつを済ませているという。 約2年の交際を実らせ、話題の年の差カップルがついにゴールインすることになった。

2人は、10年のNHK連ドラ「セカンドバージン」で共演。NHKでは異例の過激なぬれ場と、 バツイチ女性と妻子ある男性との不倫愛が主婦層を中心に話題に。社会現象にもなり、当時まだ売り出し中だった長谷川がブレークするきっかけにもなった。ドラマのヒットを受け、11年には映画化されたが、演技に対する姿勢にひかれ合い、撮影後の同年秋に交際に発展した。

しっとりとした色気で、男女問わず幅広い層から人気がある京香は、これまで堤真一(49)や 真田広之(53)らとのロマンスが報じられたこともあったが、結婚にまで発展することはなかった。 長谷川とは年の差はあれど演技に対する価値観も一致。古い映画や美術品の鑑賞など、 共通の趣味もあり、思いが加速していった。

13年は女優生活25周年を迎え、初の一人芝居「声」に挑戦。これまでかたくなに固辞していた一人芝居に踏み出すきっかけになったのも長谷川の支えがあったからこそ。また、関係者によると昨秋、京香の母親が体調を崩し、地元の仙台で入院。よりいっそう花嫁姿を見せたいという気持ちも強まったという。

一方の長谷川は現在、新作主演映画の撮影真っ最中。別の関係者は 「長谷川くんは緻密な演技プランを立て、役に真摯(しんし)に向き合うタイプ。 現場が終わるまでは仕事に集中している状態」というが、撮影を終えた春先にも 婚姻届を提出するとみられる。「セカバー」から3年半。フィクションの先には真実の愛が待っていた。(以上スポーツ報知)


ネットでは、「鈴木京香は綺麗だもんな」「大人の恋愛って感じだね」「36の息子が45の女と結婚するってなったら親としてはどう思うのだろう?」「今時、10歳差なんか珍しくないだろ」「子供子供言うけど早く結婚してて子無しの有名人夫婦いっぱいいるよね?」「並んだ感じはお似合いかもしれないけど年齢とキャリアの差がありすぎてなんか不釣り合いだな」などの声が。

タレントのみのもんたさんが今年8月、『朝ズバッ!』の生放送中に「昨日、鈴木京香さんと会ったんですが、ご主人と一緒だったんです」と発言してスタジオ内が凍りついたとニュースになりましたが、本当の夫婦になる日はもう近いみたいですね。

長谷川さんがとても落ち着いた方なので9歳の年齢差を感じさせないカップルだと思います。結婚の報告が楽しみですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に