女優・鈴木砂羽さん(42)が、2011年10月に結婚した10才年下夫、劇団員・吉川純広さん(32)と別居状態にあると、『女性セブン』が報じてる。原因は吉川さんが朝ドラに出演したアラサー女優とW不倫したことなどにあるという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

愛の新世界 【無修正完全版】 [ 鈴木砂羽 ]

愛の新世界 【無修正完全版】 [ 鈴木砂羽 ]
価格:3,337円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


「舞台共演がきっかけで出会ったんですが、砂羽さんは彼よりうんとキャリアが上でしたし、彼女にとって彼は新人劇団員のひとりにすぎなかったそうです。でもつきあっているうちに“私が彼を育てる!”と盛り上がって、彼が婿入りする形でゴールインしたんですよ」(舞台関係者)

 鈴木が出演しているNHKの連続テレビ小説『まれ』の撮影が一段落したこの春、夫妻はそれまで住んでいたマンションから新居へ引っ越した。5月にはふたりで宮古島へ行って、魔除けになるから、と、現地の雑貨店でシーサーを購入して帰ってきた。

「その直後だったそうです…。今、ふたりは離婚を視野に別居生活を始めたようなんですよ」(芸能関係者)

 けんかも絶えなかったというこの夫婦。原因はたいていが仕事についてだったという。

いつまでたっても仕事に本腰をいれるように見えない吉川さんに苛立つことが多かったようです。“どういうつもりでこのセリフ言ってるの?”“私はきみが足元にも及ばない経験を持っているんだよ”なんて、よく吉川さんを叱ってました。砂羽さんは、吉川さんのことが心配だったんだと思います。

 彼ののんびりした穏やかな性格は長所でもあるんですが、仕事がなくても焦らないし、危機感がない。がむしゃらに女優の世界で生きてきた彼女にしてみれば考えられなかったんでしょう。でも砂羽さんは面倒見がいいですから、自分の所属事務所に頭を下げて、仕事がちゃんと入ってくるように彼を同じ事務所に所属させたんですよ」(前出・芸能関係者)

 そんな鈴木の思いは届くことなく、思いっ切り裏切られた。

「去年の秋くらいからですかね。吉川さんは少し前の朝ドラに出演して注目されたアラサー女優と不倫を始めたんです。その女性も、結婚したばかりでしたからW不倫。でも砂羽さんは、男の浮気も女の浮気も容認派ですから、そのことについてはちっとも怒ってなかった。ただ、仕事も稼ぎもないのに、努力することもなく、無責任に浮気をして、おまけに自分にすぐにバレてしまった彼の脇の甘さに、ほとほとあきれ果ててしまったようです。

 新居へ引っ越したり、旅行にいくなかで、一度はやり直そうと思ったようなんですが、やっぱりムリだったようで、別居を始めたそうです」(前出・芸能関係者)

 現在吉川は、都内の細い路地裏にあるマンションの1室で暮らしている。12畳のワンルームで、もともと夫妻が衣装部屋として借りていた部屋だという。

 7月から始まる舞台の稽古が佳境に入り、忙しい日々を送る吉川。週末の夜は、1週間分と思える食材や飲料水のはいった大きなスーパーの袋を両手に提げ、明かりのない部屋へ帰る。(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「売れない俳優で妻におんぶにだっこのくせによく不倫なんてできたもんだな」「鈴木砂羽の方がよっぽど男らしくてかっこいいね」「朝ドラに出演して注目されたアラサー女優って誰だろう」「不倫相手って花子とアンの宇田川先生とか?確かこの人去年結婚したんだよね」「浮気は容認派で、サバサバ系かぁ。でもやっぱ、別居するんだね。浮気を本気で容認できる女なんていないと思うわ。そうとう痩せ我慢してるだけでさ」「鈴木さんって、バラエティーなどで見ると、こういう年下のオトコを私が育てる!って感じもわかるけれど、男性側からしたら、いくら年上の奥さんでも、イヤになっちゃうのかなぁ~?」「砂羽さんのカッコいい考え方は好きだけど、やっぱり、努力している俳優さんかどうかは見抜いてほしかったな…穏やかな性格に癒されて結婚に至ったんだろうけど…」などの声が。

吉川さんの不倫相手は、朝ドラ『花子とアン』で宇田川満代役を演じた女優の山田真歩さん(33歳)ではないかと言われています。

吉川さんと山田さんは去年10月に舞台共演しており、まさに不倫が始まったとされる「去年の秋」です。しかも、山田さんは2014年春に結婚しているので「結婚したばかり」というのも当てはまります。あくまでも推測でしかありませんが…。

これだけお膳立てしてもらっても本人は努力せずに不倫では、鈴木さんが愛想を尽かすのも仕方ないですね。

2人が所属するホリプロは「プライベートなことなので本人に任せています」とコメントしており、否定はありませんでした。もしも離婚となれば、吉川さんはホリプロを追い出されることになるのかもしれませんね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に