酒井法子(41)が3年前の覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けた影響によって、前所属事務所『サンミュージック』が肩代わりした損害賠償額が約5億円であることがわかった。酒井は「何年かかっても返していく」と全額返済の意思を示している…

【送料無料】酒井法子隠さ...

酒井法子隠さ…
価格:980円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

キャラクター商品の回収に伴う損失やCM数本の打ち切りによる違約金が大半を占める。これまで「数億円に及ぶ」と推測されていたが、明確な数字が明らかになったのは初めて。

酒井が芸能界に復帰することになった理由の一つに、この巨額の損害金を返済するためには「介護などほかの仕事では現実的に難しい」(関係者)との判断もあったようだ。元サンミュージック社員でもある新事務所「オフィスニグンニイバ」の廣瀬洋二郎社長は会見で「これから何年かかっても返していく」と話した。

酒井は復帰にあたり、新事務所「オフィスニグンニイバ」の廣瀬洋二郎社長とともに真っ先にサンミュージックの相澤正久社長に報告。損害額を全額返済する意思も直接伝えている。

相澤社長は「人に迷惑を掛けた分、自分ができることを頑張って恩返ししてほしい」と酒井にエール。会見の内容は関係者から伝え聞いたそうで「廣瀬社長たちに頼らず、質疑のほとんどを自分の言葉で受け答えしたのは自覚の表れだと思う」と評価。損害金を全額返済しようとしていることに「その気持ちを忘れないことが大切」と話した。(以上スポニチ)


ネットでは、「だったら、3年前に『介護の仕事につきたい』なんて言うな」「ヘアヌード写真集出すしかないなこれは」「このヒト、介護職に就くから、減刑されてるのに」「何年かかければ返せるめどがあるのが凄いな、芸能人」「利息も凄そうだ」「5億の損失はデカいけど、事務所はそれ以前にノリピーでもっと儲けてたんじゃないの?」などの声が。

介護職だけで5億を返済するのは確かに難しいと思いますが、酒井さんの今の立場では、芸能界でも巨額の損害金を返済するのは相当大変なのでは!?地道に働くしかないでしょうが、それでも5億は厳しそう…。
薬物に手を出した罪は重いですが、更生するチャンスも必要ですし、息子さんのためにも頑張るしかないですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に