遠野なぎこさん(34)の実の母親と名乗る50代の女性が焼身自殺未遂をしたと『女性自身』が報じている。幼少期から母親に虐待や育児放棄を受けていた遠野さんは、過去のトラウマに今も苦しめられていた。数年前には絶縁を決意し、以降は音信不通だという。母親の呪縛から解き放たれつつあったその矢先だった・・・

続きを読む⇒ブログランキング


 神奈川県内の大学病院に救急搬送されてきた、ひとりの50代女性。自ら体に灯油をかけて火を放ち、“焼身自殺”を図ったという。焼け焦げた衣服からは、生々しい焦げた臭いがしていた。その後、緊急治療を受けた女性は、入院中、看護師にポツリとこう漏らしたという。

「実は私、女優の遠野なぎこの母親なんです……」

――自殺未遂があったのは昨年秋のこと。遠野なぎこ(34)と実母との確執は、本誌も何度か報じてきた。幼少時代から受けた壮絶な虐待や育児放棄などを赤裸々に語っている。“母娘の葛藤”に翻弄されてきた彼女は、数年前に母との絶縁を決意。以降、音信不通の状態が続いているという。

 じつは、遠野は30代になって以後、毎晩、“母を焼き殺す夢”を見るようになったと、著書で明かしている。“母の呪縛”から必死で解き放たれようともがき、やっと自由になれたと思った矢先に起きた、悪夢そっくりの“事件”――。

 遠野の母と名乗った女性は、パニック障害と診断され、その後、何度か病院を訪れているという。「母親に連絡を取ってみては」と、遠野の所属事務所に事件を伝えたが、遠野から返事は帰ってこなかった――。(以上女性自身)


ネットでは、「毒親は怖いね…」「自分に灯油かけて火をつけたのに、もう退院してるのはおかしい」「絶縁しても嫌がらせは出来る。って、母親の執念怖すぎ」「遠野なぎこの母親ってのが唯一の自慢なんだろうね」「エキセントリックなところは母親譲りか」「遠野は連絡しなくて正解だよ」「記事にしといて『連絡とってみては?』とか何偽善者ぶってるんだ」「拒絶するけど依存するみたいな悲惨な関係だな」などの声が。

▼母を卒業し、他者を愛せるようになるために 遠野なぎこライブトーク動画▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

母親を許せない、でも嫌いになれない」と複雑な思いを涙ながらにテレビで語っていた遠野さん。その葛藤の中で絶縁を決意したにもかかわらず、こんな風に母親の近況を知ることになるなんて…。

遠野さん母娘の事情を知っていたのなら、記事にしたり本人に伝えることを避ける配慮があってもよかったのでは。
“母を焼き殺す夢”を見たからこんなことになったと自身を責めたりしないか心配です。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に