元モーニング娘。辻希美の非常識が止まらない。そのブログは非常識記事のオンパレードで批判も相次いでいるが、それがとどまるところを知らない勢いだ。
同世代からは支持を集めているというが、これでは子供の将来も心配されて当然、という驚愕の子育てとは・・・

詳細は⇒ブログランキング

若くして二児の母親である元モーニング娘。の辻希美は、子育ての様子を頻繁にブログで紹介している。オシャレにも手を抜かず、家事に育児に頑張る姿は同年代のママから高い支持を集めているようだ。だが時々、先輩ママから「?」と思われてしまう内容がブログに載っていることがある。

当サイトでも辻希美に関しては何度か紹介している。その中でも大きな反響をいただいたのは、辻が芸能人のママ友とランチを楽しんだお店で、彼女の長女(当時3歳)が個室の障子を破って遊んでいても止めさせず、悠然と自分は食事を続けていたという内容であった。これを「のびのび子育て」とみるか「しつけの放棄」と捉えるかで、注目を集めた記事であったのだ。

その辻の長女も今年で5歳になる。幼稚園の年中組で、家では一昨年に生まれた弟を可愛がる優しいお姉ちゃんに成長しているようだ。

4月20日のブログ『のんピース』では、辻が長女と一緒に弟が誕生して数か月のころのビデオを見ており、テレビ画面の写真も掲載されている。そして、そのすぐ後にブログが更新され、続けて弟を出産している辻のビデオを長女に見せたようだ。すると「痛いのやだ~。(自分は)赤ちゃん、産めない!」と長女は大泣きしたらしい。ブログは「出産のビデオ見たら、怖くなっちゃうよね」で終わっている。

なぜ幼い子どもに母親の出産シーンを見せることになったのか、経緯は書かれていない。たまたま弟のビデオなので、成長の記録として一緒に編集されて入っていたのかもしれない。

しかし大好きな母親が大きな声を出しながら苦しんでいる姿は、長女にとって相当ショックだったのではないだろうか。幼い頃に恐怖を覚えた場面は、忘れられずに記憶に残ってしまうこともある。大人になるまで引きずらなければ良いのだが。
(以上TechinsightJapan)


これは、トラウマになっても仕方ないですよね。もしかしたら、「母親を傷つけた」として弟を憎むかもしれませんし、自分も母親を傷つけたと思ったとしたら・・・。
しかもその後のコメントが、まるで他人事ですし、それを平然とブログにアップする神経もちょっと理解不能です。
生まれて来たくない家ですね・・・。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に