元モーニング娘。で現在、第3子を妊娠中の辻希美(25)のブログが『鬼女』から猛烈な攻撃に晒されている。2ちゃんねるの既婚女性用の掲示板、通称『鬼女板』には辻の何気ない日常を綴ったブログに難癖をつけるような書き込みが相次いでいる。
中には悪質なものもあり、場合によっては名誉棄損で有罪になる可能性もあるだとか…

【送料無料】辻ちゃんのウマ...

辻ちゃんのウマかわゴハン [ 辻希美 ]
価格:1,260円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

実例を少し紹介しよう。辻は子供の弁当の写真をよく掲載するのだが、それを初めて公開した時から、

〈楽天レシピでまったく同じ弁当が出てきたわ〉
〈どうやったらあんなマズそうな卵焼き作れるの〉


とボロクソ。その後、初めての弁当を子供が完食し、感動で号泣したと書けば、

〈二人も産んだ経産婦が感激やさん気取っても気持ち悪いだけ すぐ泣いちゃうのん可愛ウィィィッ☆とでも思ってんの?〉

挙げ句には、

〈お弁当写真毎日のようにのせてるけど代わり映えしなくて同じ写真何回も見せられてる気がしてきた〉
〈給食のある学校に入れてもらえるといいね〉


そんなに嫌なら見なきゃいいのにと思うのだが、監視の「目」はまだ光る。夏に家で子供をビニールプールに入れた写真を載せれば、〈普通はスイミングスクールか区民プールに行かせるでしょ〉と難癖をつけ、プールに連れて行けば辻の水着姿に〈あばらとへそが気持ち悪い〉。父親(俳優・杉浦太陽)と子供がベッドで寝ている写真を掲載すれば、枕元にティッシュが置いてあることを指摘し、〈生々しい〉〈ティッシュが気持ち悪い〉と無茶苦茶な批判。

まァ、ここまではまだ笑えるが、「3人目の子供を授かった」と喜びの報告をしたときはひどかった。

〈おめでとう 子供が寝てる横で仕込んだのかしら〉

既婚女性板は、歯に衣着せぬ発言が鬼のようだと評され、略称だった「既女」から当て字で「鬼女」となった。若くしてアイドルとなり、イケメン俳優と結婚した辻への鬼女の「嫉妬」なのかもしれないが、最近ではそれが度を超え、単なる誹謗中傷と化している。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が警鐘を鳴らす。

「これまでは言論の自由で大目に見る判断が多かったが、ネット社会の浸透で司法の考え方も変化しています。書き込みはほぼ100%特定でき、悪質な場合は名誉棄損で有罪になるケースもある。書き込む方もリスクを理解するべきです」

本人に取材を申し込んだところ、所属事務所から回答があった。

「ブログは本人に任せていますが、現在は妊娠のため芸能活動を控えていることもあり、今回はコメントを控えさせていただきます」

悪質な書き込みや誹謗中傷には早急な対処が必要だ。(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「良妻賢母の辻に対する嫉妬が酷いな」 「何で嫉妬で名誉毀損になるんだ?」「出始めのウィンナーとか自作メロンパン?とかバカリボン事件で印象悪くしたせいだろうな」「ハンパねぇ嫌われっぷり」「男は全く興味すら無いのに何でこんな粘着するの?」「辻が何かやったわけでもないのにそこまで叩く神経がわからない」「辻がいい大人になってもバカだから叩かれるんだろ」「デキ婚で即効離婚するはずの読みが外れ子宝に恵まれ夫婦円満なのが気に食わないんだろうな」「イライラするなら見なきゃいいんだよ」などの声が。

週刊女性の『女が嫌いなママタレランキング』で紗栄子さんに次いで2位となった辻さん。選ばれた理由は、「お葬式につけまつ毛、ミニスカなど常識なさすぎ(後藤真希さんの母のお通夜にミニスカート、大きなリボン、つけまつ毛で参列した)」「ままごとしているようで気持ち悪い」などがあげられました。
確かにマナーに関しては首をかしげてしまうようなことも多々あるのは事実…。

お弁当や髪形にまで難癖をつけるのはさすがにやり過ぎだと思いますが、辻さんのブログは毎日が幸せオーラいっぱいで、人によっては自慢しているようで面白くないと感じるのかもしれません。
誹謗中傷するくらい嫌いな相手なら、普通はブログなんて見たくないと思うはずなんですけどね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメント

  • 広末や加護や後藤のように、”アイドルは破滅型のほうが美しく光り輝く”という社会認識が日本人の間になんとなくあって、
    辻はその対極に存在しているからみんな嫉妬でバッシングしているのだろうと思う

    わけのわからんバカな男にいれあげて、仕事では鬼気迫る演技を見せて・・
    てな感じで、野島ドラマで活躍する女優がこのタイプ


    2013年9月24日 8:00 PM | さ

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に