辻希美さん(26)が夫・杉浦太陽さん(32)の実家に行くため、家族で大阪行きの新幹線に乗車したことをブログに画像付きで報告した。座席の形状からグリーン車に乗ったと思われたが、これが一部のネットユーザーに目を付けられてしまい、「子連れでグリーン車って常識はずれ」「躾の悪い子供はグリーンには乗車しないでもらいたいね」といった批判の声が噴出したが、これはマナー違反なのだろうか…

辻ちゃんのリボンdays [ 辻希美 ]

辻ちゃんのリボンdays [ 辻希美 ]
価格:1,260円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

「新幹線内の赤ちゃんの泣き声は不快」「うるせーな、って舌打ちするくらいいいんじゃないかと思ったりする」 堀江貴文氏のこんなツイートをきっかけに始まった年明けの「子連れ公共交通機関」議論がいまだ尾を引いている。多くは、「子供は泣くものなんだから、怒るのは理不尽」「文句があるなら乗るな」と、堀江氏に対し批判的なものだ。

そんな中、タレントの辻希美さん(26)が一部ネットユーザーから非難される憂き目にあっている。人々を怒らせているのは「子連れでグリーン車に乗った」ことらしいのだが…。

辻さんは2014年1月2日、夫・杉浦太陽さんの実家に行くため、大阪行きの新幹線に乗車した。6歳の長女・希空(のあ)ちゃん、3歳の長男・青空(せいあ)くん、13年3月に生まれたばかりの次男・昊空(そら)くんも一緒だ。

この日更新したブログでは、希空ちゃんと青空くんがそれぞれ1席ずつ座っている写真、辻さんと杉浦さんが並んで座り、辻さんが昊空くんを抱いて座っている写真が掲載された。

座席の形状からグリーン車に乗ったと思われたが、これが一部のネットユーザーに目を付けられてしまった。

子育て情報交換サイト「ママスタジアム」で、「子連れでグリーン車って常識はずれね」「行儀悪いガキをグリーン車でみたらいらつく。何のために高い金払ってるんだよ。。」「新幹線のグリーンはビジネスマンが静かに仕事したり考え事をする空間なんだからあんな大股開きを注意しない躾の悪い子供はグリーンには乗車しないでもらいたいね」などと書き込まれた。

「子連れグリーン車」の是非はこれまでにも議論されてきたようだ。Q&Aサイトでは度々「マナー違反でしょうか」という質問が投稿され、「静かにしてくれれば問題ないのでは」「騒音が気になって利用する人も多いので避けるべき」との回答が書き込まれている。一方で「小さい子を連れて長距離移動するなら余裕をもってグリーン車を取るべき」と書かれた育児書もあるとの話も。

今回のブログと批判コメントはNAVERまとめに取り上げられるなどして話題になっているが、「騒ぐなら問題だけど、静かにしてるならグリーン車乗ってもいーでしょ?」「完璧に努力してお金を稼いでる辻希美さんに対しての僻みとしか思えません」「自分がわざわざ追加でお金払ってグリーン車に乗ったときに、うるさい子供が乗ってきたらホント嫌になるよ…」など、やはり様々な意見があるようだ。

なお、辻さんは騒ぎになったブログの後に「座ると泣くのでずっと立ち…」と、結局昊空くんを抱いてデッキで立っていたことを報告している。(以上J-CASTニュース)


▼辻希美グリーン車で自撮り 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「金払って乗ってるんだから何も問題ないだろ」「ちょっと意味がわからないんだけど・・・俺が世間知らずなのか?」「騒ぐなら問題だが、乗せる事自体に文句つけるとか意味不明」「金持っている一家はガンガン使えばいいよ」「鬼女が辻全否定してるのか」「言いがかりにも程があるだろwww」「すげえ嫉妬心だな 恐れ入るわ」などの声が。

別の意見としては、「せっかくグリーン車買ったのに子供が騒いでたら萎える」「グリーンに乗るのは喧騒から逃れる為もあるんだよな」「自撮り連発でカシャカシャ言わしてたのかな?音を消しても周りの人が映り込む場所では多少控えるべきだな」などもありました。

辻さんのお子さんたちが騒いだり他の乗客に迷惑をかけたのなら問題でしょうけど、そういうこともなかったみたいですし、 常識はずれってことはないと思います。そもそも子供がグリーン車に乗ってはいけないという決まりもないですからね。

辻さんなら自由席に乗ったとしても別の理由で叩かれそう…。

▼辻希美子供の大股開きも批判 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に