今年2月に女優の黒木メイサ(23)と電撃結婚した赤西仁(27)について、ジャニーズ事務所が一連の騒動に対するペナルティーとして、今年4、5月に開催予定だった日本ツアーを全日程、中止することが分かった。しかも、負債は赤西が全額負担だという・・・

詳細は⇒ブログランキング

電撃婚の代償は高くついた。日本ツアーの中止、および費用負担という厳しい措置が赤西に科されることが分かった。

この日、ジャニーズ事務所はスポーツ報知の取材に文書で「この度、当事務所所属タレント赤西仁が本年2月2日に入籍をしたとの報道が2月9日にあり、同人がこの点を事実と認め、同人より、FAXにて関係各位にご挨拶とご報告をいたしました」と事実関係を改めて説明。その上で「本件のペナルティーとして」とツアーを中止することを認めた。「負債が発生した場合は同人の責任において誠実に対応をすることとなりました」としている。

今回のツアーは3月7日に発売したソロアルバム「JAPONICANA」を引っ提げ、同9~17日に行われた全米ツアーに続く凱旋公演として、全国5都市(日程は未発表)で計7万人を動員する予定だった。中止に伴う負債額は公表されておらず、チケットもまだ発売されていなかったが、通常、アリーナ規模の会場のキャンセル料は100~200万円程度。これを考慮すると最大で数千万円程度を赤西が負担するとみられる。

赤西は交際から入籍に至る一連の経緯が事後報告だった、と言われている。結婚報道直後、ジャニー喜多川社長も「報道で知った。こういうことがあっては困る。責任者として考えなければ」と苦言。メイサの所属事務所やスポンサー等に対しての影響を考え、事務所として、キッチリとケジメをつけさせた形だ。

赤西は「社会人として礼儀を逸したことを深く反省し、ファンの皆さんや関係者にご迷惑をおかけしたことを心からお詫びしたい」と文書で陳謝。ジャニーズ事務所も「契約いただいているレコード会社ほか多数の関係各社の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます」としている。(以上スポーツ報知


ネットでは、「誰も得しない結婚だったな」「キャンセルも十分迷惑かけるんじゃないの?」「軽い処分で済ませたら俺も俺もと続く奴らが出る可能性があるから人生終了レベルの厳罰に処するしかないわな」「もうセットもグッズも準備ができてるだろ。億単位の損害じゃないの?」「ジャニーズがあっての赤西なのに、自分の力でここまで来たと勘違いしてるみたいだったからな」「ジャニーズ事務所の演出だと思う。実際負債なんてでないんじゃないかな」などの声が。

ペナルティはあってもいいと思いますが、ツアー中止はファンに重ねて迷惑をかけることになるような・・・。

一部では、未婚の所属タレントへの見せしめだとか、赤西さんにお金をかけても回収出来ないので、名目上「厳罰」という理由でツアーを中止にした、なんて声もありました。何が本当なのかはわかりませんが、ファンの方にとっては厳しい厳罰になってしまいましたね。赤西さんはクビにならなかっただけ、良かったのかも。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に