モデルの西山茉希(27)が一部報道で伝えられていた俳優・早乙女太一(21)との破局報道について、22日に都内で行われたイベントで「私がお家を離れていることは事実」と別居したことを認めた。関係者によると、「年明けに破局した。双方とも気持ちはスッキリしている」と明かしているが、一方では、結婚も視野に入れていた早乙女が西山に未練を残しているとの見方もあるようだ…

【送料無料】西山茉希ファースト写...

西山茉希ファースト写…
価格:2,400円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

西山は「最後の最後まで、いろいろとご迷惑と騒動みたいな感じでお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪。新居はすでにみつかっているといい、「外には住んでません。ちゃんと屋根があるところで」と冗談を交え報告した。

別居は認めたものの、報道陣から「それぞれの道を選んだんですね?」と問われると、「そうですね…でも、道は繋がっているって言いますから」と濁していた。(以上オリコン)


事実上の破局となった西山さんと早乙女さん。
早乙女さんの暴力や強い束縛などで完全に心が離れた西山さんに対し、早乙女さんはまだ西山さんへの未練があるのではないかと言われています。

テレビ関係者によると、「当初は年下の早乙女との将来を真剣に考えていた西山ですが、かなり耐えたようですが、限界だったのでしょう」と同関係者は話している。

 「流し目王子」と呼ばれる早乙女と、人気モデルで、タレントとしても活動する西山の交際は昨年2月、発覚した。11年に友人の紹介で知り合ったとみられ、昨年2月5日には、滞在先ハワイからツーショットで帰国し、成田空港では取材陣の前を手をつないで歩いた。早乙女は同月7日にブログで「深く愛してます」と記した熱愛ぶりだった。

 しかし、同5月には、一部週刊誌が都内路上で、早乙女が西山に暴力を加える様子を「メッタ打ちDV」と報じた。早乙女が会見を開き、つかみ合いになって西山が路上に倒れたことなどを認めて釈明し、交際継続を強調するという異例の展開になった。

 西山は同8月31日、出演舞台公演前の会見で、関係について「ケンカして仲直りをして…を繰り返している幼い私たちです」と説明した。早乙女が同9月、公演中に左かかとを骨折した後も、献身的にサポートしていたとみられる。その後、年末にかけ、気持ちが離れていったようだ。

 一方、早乙女は今月9日、都内で主演舞台公演後に会見した際、交際は順調と主張し、一般論としながらも結婚時期については「いつでも大丈夫です」と話していた。この発言は、早乙女に未練が残っている証しとも受け取られ、「まだどうなるか分からない」と話す関係者もいる。一方では「西山には修復の意思は皆無」と指摘する声もある。人に詳しい演劇関係者は「今後、予断を許さない要素もあります。とはいえ昨年5月に暴力問題が報じられたこともあってか、早乙女のファンは減っており、親が運営する所属劇団の収益も厳しいようです。周囲も破局を望む声が強いです」と指摘している。 (以上日刊スポーツ)


正直、この2人の交際が上手くいくとはほとんどの人が思っていなかったでしょうね…。本人の口から破局したという言葉はなかったものの、同棲を解消したことは大きな一歩のように感じます。
早乙女さんの暴行報道以降、周囲の反対の声もかなりあったのではないでしょうか。
「道は繋がっている」という発言がやや気になりますが、まさかヨリを戻すってことはないですよね!?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に