2010年に日本テレビを退社し、フリーに転身した脊山麻理子アナウンサー(34) 。水着会見したことも話題になっているが、1日、『さんまのからくりTV』(TBS系)に出演、当時上司だった元日テレの福澤朗アナからイジメられていたことを告白した。 人前に立つ意味がわかっていないと言われ番組の前説をやらされ、すべりまくったという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

SEYAMA 脊山麻理子ファースト写真集

SEYAMA 脊山麻理子ファースト写真集
価格:2,700円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 
  脊山は04年に入社。05年に退社した福澤アナは、脊山アナの教育係だった。

 脊山によると、当時、福澤から、「人前に立つ意味が分かっていない。前説をやってみろ」と当時福澤が司会をしていた「エンタの神様」の前説をやらされたという。(※前説とは収録前にスタジオ観覧者を前に収録の流れなどを説明しながらトークで盛り上げること。通常は芸人やスタッフがやることが多い)。

 初めての前説に「とにかく何をやっていいか分からず、すべりまくった」と脊山。「そしたら、その日、福澤さん、口も聞いてくれなくて。『君には失望した』と(言われた)」と訴えた。

 この日の番組では、入社後、バラエティー中心だった自分は、アナウンス部に戻っても、先輩たちから冷たい視線を浴びせられ、「できるだけ先輩達に怒られないように、電話が鳴ったらすぐに出たりしていました」と“古巣批判”も展開した。

 さらに、1年半独自に練習していた天気予報の仕事を、後輩の古閑陽子アナにとられたことを実名で暴露。「すごい悔しかったですね」と振り返っていた。

 脊山は1日、都内で初の写真集「SEYAMA」(集英社)の発売記念イベントを行い、水着姿で登場。夫とは離婚協議中だが、「離婚の決着は」という質問には、無言を貫いた。 (以上デイリースポーツ)


ネットでは、「自分のことは棚に上げて周りの人を実名で批判するとかダメでしょ」「こういう人職場にいたら嫌だわ」「イジメ?え?これが?34歳ならゆとり世代でもなかろうに…」「前説なんて準備も何もしてない女子アナが急に出来ることじゃないだろ」「後輩に仕事取られたとか完全に自分が悪いじゃんw」「34歳のビキニ…。最近は小林麻耶の痛すぎが目立つが、こいつも相当痛いw」などの声が。

▼脊山麻理子 元日テレ女子アナ 禁断の水着会見!動画▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

脊山アナはイジメられたと一言も言ってないそうですから、『イジメを告白』という書き方には悪意が感じられますね。

ただ、内容が内容なだけに、発言した脊山アナにも同情はできないかも…。元フジテレビアナウンサーの中野美奈子さんも、フジテレビ退社後に雑誌で『フジテレビ時代は地獄の日々だった』と語り、批判が出ましたが、本人にそういった意図がなかったとしても、辞めた後に言うと単なる悪口に聞こえてしまいますからね…。

それにしても、まだ離婚成立していなかったとは。W不倫の末、100万円の慰謝料を相手側の妻に払ったと報じられましたが、また違うところで揉めているのでしょうか?
正式に離婚が成立した暁には、ぶっちゃけキャラに拍車がかかる可能性大ですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に