今年1月に無断で個人事務所を立ち上げたことで、所属事務所と冷戦が勃発し、”独立騒動”が報じられている女優・能年玲奈さん(21)。主演する予定だった来年4月のTBS系連続ドラマを見送ることが決まり、両者の関係はもはや修復不能となったようだ。能年さんは来年6月の契約満了をもって現所属事務所を退社する見込みで、独立後には、実父がマネジャーに就任する方向で準備が進められているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

能年玲奈1stフォトブック ...

能年玲奈1stフォトブック …
価格:1,500円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 本紙がスクープした能年の独立騒動は、悪化の一途をたどっている。発端は能年が心酔する「生ゴミ先生」こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏とともに、今年1月に個人事務所「株式会社三毛andカリントウ」を無断で設立したこと。これに激怒した所属事務所「レプロエンタテインメント」との間で冷戦が繰り広げられている。

「トラブルの根は想像以上に深いですね。騒動を受け、レプロ側は本人と話し合いの場を設けようとしましたが、能年サイドはそれを拒否。弁護士を通さないと話ができない状況のようです」とは事情を知る人物。

 レプロ側が問題視している能年と滝沢氏の“関係”は、より強固なものになっている。

騒動発生後も能年さんは自宅マンションで滝沢氏とそのパートナー男性、仲の良い元レプロの女性タレントと一緒に生活することが多い。先日も一緒に車で買い物に出掛けていましたよ。レプロ側は滝沢氏と距離を置くことを求めていますが、彼女にその気はないですね」(同)

 事態の深刻さは仕事面からも容易に見て取れる。2013年のNHKの朝ドラ「あまちゃん」で大ブレーク後、将来を嘱望された能年だが、最近は露出も激減。現在はレギュラーのラジオ番組や昨年の段階で決まっていた仕事をこなす程度だ。

 来年4月スタートのTBS系連ドラへの主演予定もここにきて消滅。同ドラマは人気コミック原作で、現在も連載中だ。

 テレビ関係者は「能年さんの名前が(企画書から)外れたのはごく最近。キャラクター的にもピッタリでしたが、事務所側と協議した結果、見送ることになったようです。代役は有村架純らが候補です」と明かす。能年とレプロの契約関係はこのままでは来年6月までともいわれている。その直前にあたる4月のドラマ主演が白紙となるということは…。

「レプロ側としては映画の『海月姫』以降も、仕事を決めてきたけど、それらすべてが能年さんの『やらない』のひと言で白紙になってしまったという経緯があるんです。事務所の信用問題にも関わってきますからね。今回のドラマも直前での“ドタキャン”が怖くて、白紙になったという背景があるんです。事務所もいまは仕事を入れたくても、入れられないと嘆いていましたよ」と同関係者。

 退社後の行く末についても様々な臆測が流れている。一部では2月に個人事務所を立ち上げた小泉今日子(49)が能年を“引き取る”ともウワサされているが…。

「確かに小泉さんが彼女をかわいがっているのは事実。能年さんも先月21日付のブログで小泉さんの舞台を観劇したことを明かしている。ただ、所属となると話は別。今後もサポートはしていくでしょうが、引き受ける気はないようです」とは芸能プロ関係者。

 そんななか、気になる情報が飛び込んできた。TBS系の連ドラを見送った際、能年に近い関係者が局側に「これからは父親がマネジャーをやりますので」と説明していたというのだ。

 これが意味するのは、“ファミリー事務所”にほかならない。事実、能年と家族の結び付きは強く、ブログには5月上旬に騒動を心配した母親が兵庫から上京。一緒に夕飯をとったり部屋の掃除をしたと記されている。昨年9月のブログには、妹も登場している。

「能年さんが泣きながら両親に窮状を訴えたこともあり、居ても立ってもいられなくなったのでしょう。娘のため今後は一家で能年さんを支えていくようです。キーマンの滝沢氏も、母親がレプロより彼女を信頼しているので、関係性は変わらないと思われます」(同)

 7日、本紙は能年の実母を直撃取材した。「お父さんがマネジャーをするとの情報があるが?」との問いに、実母は3秒ほど沈黙した後「そんなことはないと思いますけど、事務所に聞いてください」と繰り返すだけだった。

 家族のバックアップを得て、能年は再起できるか――。(以上東スポWeb)


ネットでは、「若くて可愛いらしい今、活躍して欲しいのに…ますます迷走しそう…」「似たようなケースで鈴木亜美は干されて旬を逃しちゃったからなぁ。こういうとこは芸能界は徹底している」「鈴木あみより悪いよ。金銭問題だけじゃなく、タチの悪い演出家夫妻までくっついてるんだから。能年かわいそう。レプロもかわいそう。」「独立が事実なら勘違いし過ぎ 芸能人なんて事務所の力で出てるようなもんなのに独立しても干されて終わり」「親がマネージャーとか事務所の社長とかやるとロクなことがない」「演技したいって思ってる人がやらないって言わないと思うけどなあ」「東スポって当初からレプロ寄りの記事(能年洗脳記事)だったので、やはりという感じの内容」「事務所は、よっぽど文春の記事内容が堪えたのかね?洗脳騒動ねつ造で使った東スポ使って、また自己弁護中心の話を流してるように見える」などの声が。

7日の七夕の日にブログを更新した能年さんは「一生演技ができますように」と書かれた短冊の写真を載せていました。週刊文春の直撃取材でも「私は仕事をしたいです」と答えており、「能年さんが仕事を断っている」という東スポの記事の信ぴょう性がやや疑わしい気もするのですが、どうなんでしょうね…。

東スポの報道だけを見ればレプロは被害者ですが、文春の記事ではレプロの社長が能年さんに冷遇している酷い内容が書かれていて、能年さんの方が被害者という感じがします。一体どちらが正しいのでしょうか…。

個人事務所で家族経営となると、芸能界から干されてしまうは明らかなので、エイベックスあたり事務所に拾ってもらうことはできないのでしょうかね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に