タレントのスザンヌが12月1日、福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳コーチと入籍した。
福岡と東京の遠距離恋愛で約2年の交際を実らせ、幸せいっぱいの様子のスザンヌだが、
気掛かりなのは斉藤の不倫・堕胎強要などの黒い過去だ・・・
スザンヌ 2nd写真集 『 SECOND SEASON 』
詳細は⇒ブログランキング


翌2日に、まず曜日レギュラーとして『PON!』(日本テレビ系)に出演した
スザンヌは、笑顔で入籍を報告。「斉藤のどこに惹かれたか?」という質問に
対しては「誠実なところ」ときっぱり。
この日の放送は終始、祝福ムードに包まれており、ゲスト出演の歌手、水木一郎も
「スザンヌ、めでたいZ!」とお祝いの言葉を寄せ「ありがとうございまーす!」
と満面の笑みで応えていた。

また、スザンヌは午後に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)
にも電話出演し、斉藤について「両親や知り合いに会わせたときの対応がきちんと
していた」と明かした。実母・キャサリンさんも「私がもう少し若ければ……」
などのコメントを寄せており、家族からも祝福を受けての結婚となっているようだ。
プロポーズは昨年のスザンヌの誕生日である10月28日。
斉藤の自宅に60個ほどの風船が飾られており、その中からミッキーとミニーの
風船を手渡されたところ、その風船の間に指輪がついていた、というものだった

という。司会の宮根が「豪腕の選手らしからぬプロポーズ方法」とコメントした
のもうなずける。2年前に共通の知人を介して知り合った二人は、東京と福岡で
交際を育みついに入籍へと至ったわけだが、気になるのは斉藤の”過去”である。

斉藤は2軍時代から支えてきてくれた妻と2006年に離婚しているが、第二子を
妊娠中の元妻に突然「別れてくれ」と切り出した上、「中絶同意書」を一方的に
送付、さらに離婚成立後は慰謝料の支払いを拒絶
し続けた……など、まさに
泥沼の離婚劇が当時の週刊誌に報じられており、これが真実だとすれば、その
素行にはいささか問題があるようだ。

また、スザンヌとの交際が明らかになったのは昨年の3月。2人のキス写真が
写真週刊誌で報じられた
ことがきっかけであるが、この当時、まだコーチでは
なく現役選手だった斉藤は、右肩の手術を受けたばかりでもあり、厳重注意を
受けたことも明らかとなっている。

「現在の斉藤は『コーチをやりつつ現役を目指している』とのことで、内助の
功が必要でもあるのでしょう。しかしこれまでの報道から、斉藤の”女にルーズ”
な面に一抹の不安を感じますよね。
スザンヌは斉藤の『誠実なところ』が好きだと述べていましたが、われわれの
知り得ない誠実な面があるのか、それともまだスザンヌに対して仮面をかぶって
接しているのか、どちらなのでしょう……」(芸能ライター)
以上メンズサイゾー


▼スザンヌ斉藤和巳 車中キス&お泊まり愛 フライデー▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

斉藤和巳さんと前妻との間の過去のまとめ

二軍時代を支えた妻に羽振りが良くなった和巳が女遊び
和巳の携帯にはメール1000件近く(不特定多数の女性から)
自宅には知らない女性から妻に「別れて」との電話、妻実家に帰る
第二子妊娠中に和巳が「別れてくれ」
理由は言わず「別れろ、(子供は)堕ろせ」の一点張り
和巳サイドの弁護士から「中絶同意書」が妻に一方的に郵送される
長女はテレビに向かって「パパ」と言うが、
祖父は怒り心頭で「パパは死んだんだよ」と長女に言うらしい
家のポスターや写真やその他もろもろのグッズは全て廃棄
慰謝料は払わないの一点張りで、
唯一毎月の養育費20万は払うつもりらしい
娘に毎月届いていた児童書も解約され、
「あんだけカネ貰ってて月1000円の本まで解約するとは」とまた妻側の怒り心頭
祖父曰く「あんな冷酷なクズ人間がホークスの選手会長とかナメんな(意訳)」
球団事務所は「お互い弁護士入ってるからシラネ」
以上2ちゃんねる


このせいか、ネットでは二人の結婚に対し批判の嵐。斉藤さんが側の言い分も
あるとは思いますが、スザンヌさんの言うような誠実な人であれば、このような
泥沼離婚の舞台裏が前妻の口からは出ないと思います。

浮気だけなら兎も角、中絶の強要だったり慰謝料の拒否だったりと、どれも中身が強烈です。
スザンヌさんが幸せなのは何よりなんですが、こんな過去を知ってしまうと
結婚後が心配ですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に