大晦日の一大イベント、NHK紅白歌合戦の準備が着々と進んでいる。司会の下馬評では、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』が絶好調の堀北真希(23)と、2代目市川亀治郎改め、今年6月に4代目を襲名した市川猿之助(37)最有力視されている…

送料無料!!【DVD】梅ちゃん先生 完全版 DVD-BO...

梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1/堀北真希
価格:15,960円(税込、送料込)

詳細は⇒ブログランキング

今回は放送時間が歴代最長タイの4時間25分という長丁場。これを仕切る司会が誰になるのかが固まりつつあるようだ。

堀北の抜擢はほぼ確定といっていいだろう。「梅ちゃん」は初回視聴率18.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で始まり、第3回で20%超え。その後、8月には25%近い数字を叩き出し、週間視聴率ランキングでずっと1位をキープしている。03年前期の「こころ」以来となる平均視聴率20%超は間違いないだろう。

「ゲゲゲの女房」がヒットして、その年の紅白司会を務めた松下奈緒(27)の例もあるだけに、紅組・堀北は揺るぎそうにない。

 白組司会は2年連続で務めている「嵐」の名前も浮上しているが、「3年連続はさすがにない。猿之助で決まりではないか」(芸能プロ関係者)という。その理由として挙げられるのが、NHKへの貢献度と毛並みの良さだ。

「猿之助は“夏の紅白”と呼ばれる『思い出のメロディー』の司会を務め、15.5%の高視聴率を記録しました。加えて、今年は名跡の猿之助を襲名というタイミングです。NHKは襲名までの1年間、猿之助に密着したドキュメンタリーも放送し、好評でした。ちなみに、『風林火山』『龍馬伝』といった大河ドラマにも出ています。次代の歌舞伎界を担うサラブレッドの上、これだけNHKに出ていたら当確です」(放送関係者)

当の猿之助はというと「“大晦日くらいはゆっくりしたい。仕事は入れたくない”とコボしていた」(歌舞伎関係者)というが、今年はそうならない可能性大だ。

堀北&猿之助。ちょっと異色の組み合わせという気もするが。(以上日刊ゲンダイ)


朝ドラの好調ぶりを見ると堀北さんは間違いなさそうですし、猿之助さんもこれまでのNHKへの貢献度は高いので、可能性は高そうですね。
司会者ももちろんですが、出場歌手の方も気になります。お家騒動で出場が危ぶまれる小林幸子さんや、竹島問題で韓国勢の出場枠が消えるとも言われていますし、今年もひと波乱ありそうですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に