AKB48篠田麻里子さんが、歌手の倖田來未さんに対する苛立ちをマスコミの前で露わにした。先月28日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション公認の客室乗務員として、篠田さんが10月に初フライトに臨むことを発表した会見でのこと。カメラの前ではにこやかに語っていた篠田さんだが、舞台裏はピリピリムードだったという。これに関し篠田麻里子の性格にも疑問の声が…

篠田麻里子 MARIKO magazine【2...

篠田麻里子 MARIKO magazine【2…
価格:980円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

「マスコミの前に現れたマリコ様は、明らかに不機嫌でしたね」

 そう証言するのは、ワイドショースタッフだ。元AKB48の篠田麻里子が格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション公認の客室乗務員として、10月に初フライトに臨むことを発表。先月28日、都内で開催された「GirlsAward 2013 AUTUMN/WINTER」の会場内で会見を行った。

 篠田が搭乗するのは、10月27日に就航する関西-成田線の第1便。会見では、「機内アナウンスをこれから練習します。最後にみんなでハイタッチをして、素敵な旅行になればいいな」と抱負を語ったが、舞台裏はピリピリムードだったという。

当初の予定より、30~40分近く会見時間が押したんです。理由は、ステージ上で倖田來未さんが念入りにリハーサルを行っていたため。彼女の歌声がバックステージまで響いていたことから、テレビカメラを回すことができず、リハが終わるまで会見を行うことができなかったんです」(テレビ関係者)

 待たされたマリコ様は不機嫌そのもの。冒頭のワイドショースタッフが証言するように、明らかに仏頂面だったという。AKBでは最年長メンバーとして後輩に喝を入れることもあった篠田。半面、テレビ番組の収録現場では「ADに挨拶もせず、本番直前までケータイをイジってばかりいる。遅刻した時も謝らない。正直、評判はよくはありませんね」(番組スタッフ)。

 まさにマリコ様。ひとたびカメラが回ればプロ根性を発揮してアイドルを演じるものの、プライベートは“塩対応”のようだ。(以上日刊サイゾー)


カメラの前では礼儀正しい篠田さんですが、インタビュアーの吉田豪さんに態度の悪さを暴露されたことがありました。インタビューに遅刻しているのに優雅に現れて謝罪もせず、最後に吉田さんが「お疲れ様でした」と挨拶してもスルーだったと…。

人を待たせるのは平気なのに、自分が待つ立場になると不機嫌になるようですね。
礼儀や挨拶は人として最低限のマナーですし、周囲にビシッと注意する人はいないんでしょうか?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に