元AKB48の篠田麻里子さん(28)が“広告塔”となっていたネット上の仮想区「福岡市カワイイ区」が3月末で廃止されることになった。篠田さんといえば昨年は冠番組が終了、自身プロデュースのファッションブランド「ricori(リコリ)」が全店閉店するなど、関わった取り組みが相次いで悲しい末路をたどっている。そのため、ネット上では“篠田さげまん説”までもがささやかれ始めている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

麻里子さまのおりこうさま! [ 篠田麻里子 ]

麻里子さまのおりこうさま! [ 篠田麻里子 ]
価格:3,470円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


「福岡市カワイイ区」は2012年8月にスタートし、篠田が“初代区長”に起用されて話題になった。現在はYouTubeで人気の日本在住カナダ人、ミカエラ・ブレスウェート(27)が2代目区長を務めている。しかしメディアへの露出が減って区民数も平行線で、事業継続には至らなかった。

 昨年3月16日には、冠番組だったNHKの「麻里子さまのおりこうさま!」が終了。さらに同年7月には、篠田の手がけるファッションブランドが全3店舗を閉め、営業停止したばかり。

この1年余りで相次ぐ“篠田ネットワーク”の不幸に、ネット掲示板やSNSでは<篠田って結構なサゲマンだな><AKB辞めて以来、落ちぶれて転落した>という声が浮上。また、デザイナー、グラビア、女優など幅広い仕事を手がけて「キャラ迷子」と指摘する報道もある。

 篠田は“さげまん説”を払拭できるのか。今後の活躍次第となりそうだ。(以上日刊ゲンダイ)


ネットでは、「まあ、本人のブランド力というかネームバリューも今は微妙なので・・・」「AKBから卒業したらパッとしない人だらけだな」「全くの結果論だが、秋豚の言うように30までAKBにいた方がよっぽどよかった状況になってしまった…」「まぁ、自信のブランドが閉店した際の問題発言からして、あげまんとは言えないだろう」「今度は、りそな銀行が潰れるな」などの声が。

この度、りそな銀行のオフィシャルサポーターを務めることになった篠田さん。そのため、ネット上では「次はりそな銀行が…」などと不吉な予感を上げる声も…。冗談でしょうけどね。

一昨年、CM起用ランキングが女性芸能人として2位だった篠田さんですが、2015年上半期のCMギャラリストによると、3000万円から2000万円にダウンしてしまったそうです。一方、同じ元AKBの大島優子さんや前田敦子さんは卒業前と変わらぬ金額とのこと。

テレビ出演も減り、30歳を前にキャラが迷走しているとも言われている篠田さん。主演を務める7月公開の映画『リアル鬼ごっこ』で女優としての地位を確立することができれば、汚名返上となるかもしれませんね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に