アイドルグループ『SUPER☆GiRLS(スーパーガールズ)』の稼農楓(かのうかえで・20)が、週刊文春妊娠・中絶していたと報じられたことについて、自身のブログで「ご迷惑をお掛けしてしまいました」と謝罪した。同誌では、稼農が妊娠中絶を行っていたという衝撃的な内容を元カレが暴露して話題を呼んでいた…
詳細は⇒ブログランキング

稼能さんは16日深夜1時に「皆さんへ」と題したブログを更新。
「今日発売された週刊誌のことで、いつも応援してくださっているファンの皆様、SUPER☆GiRLSのメンバー、iDOL Streetのみんな、そして、いつも支えてくださるスタッフの皆様たちにご迷惑をお掛けしてしましました」と謝罪した。

応援してくれるファンに少しでも早く伝えたいと考え、ブログで情報発信したという。
記事に関する具体的な説明はなく、「これからも全力で頑張って行きたいと思っていますので、よ
ろしくお願い致します」とブログを締めくくっている。(以上J-CASTニュース)


同誌によれば、彼女は昨年初夏から高校の一年後輩であるAさんと交際を開始。すでに卒業していた彼女が母校を訪ね、たまたま出会ったAさんを彼女から焼肉ランチに誘ったという。その時点で、もう彼女は現役アイドルだったはずだが、自ら誘い出すとはずいぶん肉食系だ。メールのやり取りを開始して数日後に付き合い始め、一人暮らしをしていた友人宅で初エッチ。「友達が外に出たときに彼女を慰めてたらどんどんエスカレートして……」という回想が生々しい。

そして交際開始から三カ月も経つと、互いの家でも「ずっとくっついてチュッチュしたりエッチしたり。最初、お母さんがいるときは遠慮してたんだけど、途中からは関係なし。ホテルや漫画喫茶でもしてました」というのだからお盛んなことである。一時は結婚を真剣に考えるほど強く惹かれあった二人。ところが避妊に失敗し、二人の間には子どもができてしまったという。

昨年の大晦日、スパガが日本レコード大賞新人賞を受賞した記念すべき日の翌日に、二人は五反田の多目的トイレで妊娠検査薬を使い、結果は陽性だった。しかしまだAさんは高校生で、彼女もアイドルという仕事があるため、泣く泣く中絶することに。その後も二人は交際を続け、彼女はアイドルを辞めて結婚をしようと画策、事務所に直訴するが、グループ卒業は許されず、そのうちに結局二人は別れてしまったそうである。(以上メンズサイゾー)


▼SUPER☆GiRLS稼農楓元カレが悔し泣き「恋と堕胎」画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

▼SUPER☆GiRLS稼農楓妊娠・中絶手術の領収書や手紙 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「報道内容についてのコメント一切無しって事実と認めたようなもんだぞ」「身に覚えがないなら絶対否定するしな」 「ファンだったがこれはキツい」「辞めさせないの?印象が悪すぎる」「こういうのがいると他のメンバーも同じような目で見られるんじゃないの」「事務所がグループから脱退させないところが凄いな」「もうラブソングや家族愛とかの歌は歌えないな」「1人ぐらい居なくたって活動に影響ないでしょ?」「AKBのときもそうだが暴露するクズ野郎が晒されるべきだろう」などの声が。

ファンが期待していた“否定”のコメントではなかったようですね…。女性も男性も同等に責任があると思いますが、週刊誌に暴露した男性は確実に最低だと思います。強い恨みでもあったんでしょうか。
稼農さんはもちろん、グループ全体のイメージダウンは避けられないでしょうね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に