タレントの長谷川理恵(38)と俳優の神田正輝(61)が先月破局していたことが報じられた。長谷川は14日に自らのブログを更新。破局の真相について「「約一年間プロポーズを信じて待ってきました。でも、残念ながら願いはかないませんでした」などと現在の胸中を明かした・・・
Rie’s CODE(リエズ*コード)―カジュアルビューティの法則
詳細は⇒ブログランキング

長谷川はブログの冒頭で「新たな一歩を踏み出す決意をしました」と報告。
神田の名前は出さずに「約一年間プロポーズを信じて待ってきました。でも、残念ながら願いはかないませんでした」「行き先が見えないまま、このままずっと待つことは辛く このようなけじめをつけることにしました」と別離の理由を明かした。

また、長谷川は13日に名古屋市で行われたイベントの後、TBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前11・00)の取材に対応。「プロポーズをずっと待っていたんですけど、(待つのを)やめました」「本当は大好きだったし、すごく悩んだが、年齢的にも結婚を意識していた。同じ方向を向いていなかった」と語った。

長谷川は神田との新生活を望んでいたが、神田からは「結婚はあるかもしれないし、ないかもしれないと言われた。前向きな答えがいただけなかった。残念ですけど」と別れることを決めたという。

2人は正月に話し合いを持ち、別れることを決めたという。(以上スポニチアネックス


ネットでは、「これじゃ相手が裏切った感じに取れるよ」「神田正輝は最初から結婚する気はなかったように思う」「結婚したい!オーラが強すぎて、相手は引いてしまったんじゃないの?」「過去に自身が人様の家庭を壊した報いが今返って来てしまったんだね」「賛否両論あるが長谷川のコメント読んでると なんか一途な物悲しい感じはある」「言葉を気持ちを出しすぎてつきあっていく相手には負担になりそう」「神田も結婚する気ないんだったら簡単に付き合うな!」などの声が。

長谷川さんの年齢であればお付き合いの時点で結婚や出産を意識するのは半ば当たり前とも言えますし、その気持ちに神田さんが応えられないのなら破局は仕方ないですね。

長谷川さんの気持ちも分かりますし、一度離婚を経験して結婚に対して慎重になっている神田さんの気持ちもわかります。長谷川さんならまだまだこれからいい人が現れるでしょうから、次は結婚観の一致する相手を見つけて幸せになってほしいですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に