大手パチンコチェーンの2代目社長・西村拓郎氏と結婚し、昨年長女を出産したタレントの神田うの(37)。現在は“ママタレ界”の頂点に君臨しているうのだが、実は浮気が原因で離婚寸前だったことが判明した。夫・西村氏の元愛人や親しい関係者が発売中の『週刊文春』に夫妻の知られざる家庭事情を暴露している…

うの樫木やせ [ 神田うの ]

うの樫木やせ [ 神田うの ]
価格:1,000円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

銀座ホステスの愛さん(仮名)いわく、もとより女好きの性分だった西村氏は、「結婚してもおかまいなし」で派手に女遊びを繰り返していたという。たびたび離婚危機が騒がれていたのも当然、その下地があったからであり、西村氏は2008年に「フライデー」(講談社)で美人ホステスとの「函館一泊火遊び旅行」を撮られてもいる。
うのも負けてはおらず、「フラッシュ」(光文社)にてリゾート会社社長との不倫バリ旅行疑惑を書き立てられた。そんな夫婦の“実情”を、愛さんは次のように語っている。

「(うのとは)『夜の生活はないよ』と彼は言っていました」
「うのちゃんは彼のことを『パパ』と呼ぶみたいで、自分でデザインしたランジェリーを着て『パパ、しばらくしてないじゃん』『パパってば』とベッドに入ってきて迫ってくるんだそうです」

セクシー下着で夜の夫婦生活を迫る年下妻のことを、夫は「ウゼーんだよね」と話していたという。しかし夫も夫で、我慢と努力を重ねているつもりだった。パーティーの場でうのに罵倒されてもグッとこらえ、朝食や夕食を自宅で摂る際は自らキッチンに立って腕を振るう。二世経営者でお坊ちゃま育ちだった西村氏は「結婚して初めて苦労というものを知った」とボヤいていたともいう。しかし夫婦の溝は埋まらず、離婚危機はすぐそこまで迫っていたようだ。

「同誌にも書かれていますが、うのが美川憲一のススメで子作りに励んだことは有名。結婚した時から『35歳までに産まないとダメよ』と急かされていたものの、うのは『まだ欲しくない』と子作りに及び腰だった。
しかし夫婦仲が停滞してきて美川に相談する中で、『子どもを産めば変わるわよ、まだ諦めちゃダメ』と諭されて一念発起。見事に子宝を授かり、夫婦仲も回復傾向にあるようですよ」(芸能記者)

「文春」でも子どもが生まれてから西村氏は女遊びや夜遊びをパタリとやめたとある。やはり子はかすがいか。こうした危機を乗り越えたうのだからこそ、ママタレントたちも彼女を「師匠」と崇め、こぞってうのの元に集うのかもしれない。(以上メンズサイゾー)


結婚式をすでに9度も挙げているという神田うのさん。18日のブログには旦那さんの誕生日の前夜祭を行った様子が綴られており、夫婦仲はとても上手くいっている様子でした。
お子さんが生まれる前には別居報道も出たり、喧嘩が絶えなかったみたいですが、まさか本当に離婚寸前だったとは…。子供の誕生で夫婦にも心境にの変化が生まれたのかもしれませんね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に