タレント・神田うのさん(40)の元ベビーシッター女性・A被告(60)が神田さんの自宅から貴金属などの高級ブランド品を盗み、懲役2年4月の実刑が言い渡されていたことが分かった。神田さんが提出した被害総額は時価にして3千万円は下らないという。だが、A被告は控訴。現在は保釈され、家族と自宅で暮らしているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング



 うのといえばタレントとして活動するかたわら、手掛けるブランドの年商が100億円とも言われる実業家だ。07年には、大手パチンコチェーンなどを展開する「日拓グループ」社長の西村拓郎氏(45)と結婚。11年10月に長女(3)を出産すると、子育て環境の充実に力を入れ始めたという。11年12月、彼女はベビーシッターの派遣を知人の会社へ依頼。そこで紹介され採用されたのが、A被告だった。

雇っていたシッターは全部で4人。彼女はいちばんの古株で、家族同然の存在だったという。そんなA被告が出入りするようになって1年半が経った13年春、異変は起きた。うのが旅行で持っていこうとしたエルメスのバーキンが無くなっていたのだ。時価にして約200万円。しかし当初は「どこかにあるはず」とさほど気にはしなかったという。

「しかし改めて捜してみると、エルメスのケリーバッグ、ルイ・ヴィトンやシャネルのバッグも無くなっていた。さらに宝石類や腕時計なども見当たらず、うのさんはようやく気付いた。それをAさんにも相談していましたが、彼女は何食わぬ顔で『あの外国人シッターが怪しい』などとうそぶいていたそうです」(前出・うのの知人)

 14年1月、うのは警視庁赤坂署に被害届を提出。うののブランド「DuNoA」のアクセサリーは合計300万円以上。エルメスのバッグだけでも合計800万円。オーダーメイドのブレスレットは18金でも500万円など、かなりの高額だ。立件できなかったものも含めると、自宅から無くなっていたのは全部で約70点。時価にして3千万円は下らないという。

「警察は内部の犯行と断定し、捜査を進めてきた。任意の取調べが行われることになると、A被告はほかのシッターに『そんなものは受けなくていい!』と激怒。さらに捜査の手が自らに及びそうになると、『仕事を辞めます!』と申し出たそうです」(捜査関係者)

 そして昨年11月28日、A被告は自宅にいるところを警察官によって逮捕された。自宅からは、うのの自宅から無くなっていたブランド品の一部が押収された。

 裁判では、シッターという立場を利用した悪質性が問題視。窃盗事件で初犯にもかかわらず、A被告には執行猶予のない実刑判決が下されたのだ。また、うのからの陳述書も読み上げられ、「子供もショックを受けている」、「誰にでも疑いの目で見てしまう」などの苦悩に加え、「母がストレス性の突発性難聴になってしまった」という衝撃の事実も明かに。そして最後は《厳罰に処してほしい》という、悲痛な思いで締めくくられていた。

 だが判決に対し、A被告は控訴したという。最終解決にはまだ時間がかかりそうだ――。(以上女性自身)


ネットでは、「お金持ちがシッターさん雇うって本当にリスクがあるよね。家の中の事全部知られるわけだし…」「子供に対してはちゃんとしてたから気付かなかったんだろうけど、そんな人に子供預けてたなんてとゾッとしたろうな…」「シッター4人?! そこにびっくりするわ」「窃盗された事よりも、ベビーシッター四人も雇っといて、良くママタレ代表みたいな顔してテレビ出れるなあ〜と思う」「被害者としては同情するけど 正直、神田うのとしては微妙 普段の発言からして良いイメージがないしね」「公にしなかったのはシッター4人とか、いろいろ知られたくなかったのかと思う」「稼ぎまくって多忙なんだから、何人シッターやお手伝いさんを雇おうが構わない。だが、その状況で子育て頑張ってまーすとか、子育て論を語ったりするのは違うだろ」などの声が。

盗んだ金品のほとんどがリサイクルショップに売られていたそうです。取調べに対してA被告は「私の息子は発達障害を患っていて、服を買ってあげれば精神的に落ち着く。だから息子に服を買ってあげたかった」と供述し、お金はすべて息子の衣服代に使ったと主張しているとのこと。

リサイクルショップに売って現金化した額も相当だと思いますが、それを全て子供の洋服代に使ったというのは無理がありますね…。

それにしても、本人が認めて執行猶予なしの実刑という厳しい判決が出たにもかからず、控訴して保釈されているというのはどういうことなんでしょう!?

盗まれたことはもちろんですが、一番信頼していたシッターさんに裏切られたことも神田さんはショックでしょうね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に