芸能活動を休業中のタレント、矢口真里さん(30)が、12発売の『週刊女性』に離婚原因となった浮気相手梅田賢三さん(25)との半同棲が報じられている。同誌には矢口さんが休業宣言した10月13日から6日後の19日に梅田さんとカラオケを楽しみ、今月2日深夜には焼き肉店で食事をした後、路上で歩くツーショット画像が掲載されている…

矢口真里写真集「ヤグチ」

矢口真里写真集「ヤグチ」
価格:160円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング



矢口真里さんは今年2月、当時結婚していた俳優の中村昌也さん(27)が留守の間に年下男性を自宅に連れ込み、不倫現場を帰宅した旦那に目撃されたと報じられました。その不倫相手こそ、今回ツーショットを撮られた梅田賢三さんです。

5月にこの不倫スキャンダルが公となり、大騒動となりましたね。
元アイドルの不倫、しかも堂々と夫婦の自宅に男を連れ込むという大胆な行動には唖然とさせられたものです。

その後、矢口さんと中村さんは離婚し、矢口さん はそれ以降、仕事を次々と降板して公の場から姿を消してしまいました。そして10月13日、矢口さんは「ご迷惑をおかけしました」と正式に芸 能活動を無期限休業することを発表。現在に至ります。


♦矢口真里さん、不倫発覚から現在に至るまでの経緯

矢口と梅田はずっと前から不倫していて色んな場所で
「彼氏です、彼女です」と紹介していた

夫の中村も噂を耳にするようになる。中村は信じられなかったが
自分の出張で家を空けたあとはいつもシーツが新しくなっているなど
不審なところがあり確かめる意味もあって出張から早目に帰宅

自宅で矢口と梅田が不倫しているところを発見。
梅田に土下座させ証拠写真を撮る

矢口が中村のスキャンダルがないかと小森純に相談し
小森が週刊誌の女性記者に「中村の女性関係を調べてほしい」と依頼
矢口も梅田も複数の友人に不倫がバレたことを相談

矢口の事務所アップフロントにも不倫の話が伝わる。
事務所は女性セブンを使い矢口の不倫を隠し
中村が原因で別居したような矢口上げ中村下げの別居報道記事を書かせ
不倫のカモフラージュを図る

週刊女性が矢口の不倫をスクープ
さらに矢口の様々な悪行が報道される
(元彼川久保に不倫の誘いをメールしたが断られる
・ジャニ既婚者とも不倫等)

不倫がバレた矢口側は再度女性セブンを使い
中村のDVを連想させる記事を書かせるも情報操作は通用せず

矢口が慰謝料を払い離婚成立。
矢口の慰謝料により中村には一切非がなかったことが証明される

矢口の不倫が世間に発覚する前に中村のもとへ
謎の脅迫電話が掛かってきていたことが分かる(文春記事)

内容は「中村に2000万円、ナベプロに3000万円払うから
中村が悪者になってくれないか」というもの
中村はその電話に身の危険を感じていた

悪質なやり方の矢口サイドからナベプロは中村を守る。
矢口は芸能界から総スカンとなる

矢口のハメ撮りを雑誌に持ち込んだ元彼が謎の死を遂げていたことや
矢口の薬物疑惑などが実話系雑誌で報じられる

矢口側によるFRIDAYのやらせ取材記事で矢口の母親に
中村のDVを匂わす発言をさせるなど懲りずに工作するも批判を浴び失敗

矢口は1億円以上貯金があるから5年は復帰しないと周りに話し休業宣言。梅田と同棲中との噂もある

梅田と半同棲中 ←new!
(以上2ちゃんねる)


▼矢口真里&梅田賢三 衝撃ツーショット撮った! 女性自身 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「たいそうに休業宣言しておいてこれか」「不倫は事実だったんだね(泣)」「矢口の性欲ぱねえ」「100%週刊誌に狙われてる状態でわざわざ会いに行くのか」「もう離婚したんだから普通にこっちが本命ってことでいいじゃん」「これがマジだったとして 純愛にならんだろ・・・」「浮気は浮気です」「そんだけメンタル強いなら、堂々と出てくればいいのに」などの声が。

矢口さんの所属事務所はこの報道について「コメントすることはありません」としています。

以前から噂にはなっていましたが、まさか本当に不倫相手と関係が続いていたとは驚きました。
不倫はもちろん許されませんが、どうやら矢口さんにとっては本気の恋愛だったみたいですね…
批判はありますが、別人より少しはマシかな、という気も。

法律上矢口さんの再婚が可能になるのは12月以降となります。このまま結婚へ一直線ってこともあるかも!?
 

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に