芸能レポーターの井上公造氏(57)が16日に放送された『ニュースな晩餐会』(フジテレビ)に出演し、元モーニング娘。矢口真里さん(31)が日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』で芸能界復帰した時の舞台裏を語った…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 矢口は10月23日に放送された日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)で1年5カ月ぶりに地上波に出演。司会の宮根誠司(51)と井上氏が離婚した理由や復帰を決めた理由、今の恋人との関係などを質問したが、矢口に対する質問が甘かったのでは?という指摘もあった。

 だが、質問内容について矢口とは打ち合わせをせず、ぶっつけ本番で臨んだという。
「宮根さんとはどんなことを聞くか打ち合わせをしました。でも向こうさんは何を聞いても結構です。答えられることには答えるし、答えられないことには答えない、というスタンス。5パターンくらいしか聞くことはないんです」と説明。「誰が聞いてもたぶんこれ」と質問内容を意図して甘くしたつもりはないことを主張した。

 さらに「みんなが(矢口に突っ込んだ質問を)聞きたい気持ちはわかりますよ」と理解を示しつつ、「でも生放送でしゃべれるわけがない。あれがギリギリだと思いますよ」と鉢合わせの核心などをぼやかした矢口をフォローした。

 また矢口が「ミヤネ屋」出演はノーギャラだったことを暴露。「仕事復帰って言われてますけど、仕事復帰の場ではない。あれは復帰の足掛かり。仕事復帰というのはバラエティーに戻ってきた時に、彼女の舞台に戻ってきているわけですから」と持論を展開した。(以上スポニチ)


ネットでは、「番組としても矢口としてもちょっと打ち合わせ不足過ぎたんじゃないの?」「ノーギャラだろうが何だろうが、社会はそんなに甘くない」「むしろ金払って出させてもらっているのかと思ったよ」「アレに出て、次々と展開していくモンだと思ったけど、そぉでもないんだね」「ワイドショーの他には需要なし」などの声が。

久々のテレビ出演に矢口さんはすごく緊張していると話していましたが、打ち合わせ一切なしで生放送に挑んだにしては堂々としているように見えました。

結果的には視聴者から反感を買ってしまいましたが、番組出演したことがブログを再開する足がかりとなったわけですし、矢口さんにとっては大きな一歩だったことは間違いないでしょうね。

まだバラエティ番組への復帰にはもう少し時間がかかるでしょうか?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に