水谷豊さん(62)主演の人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の3代目相棒役・成宮寛貴さん(32)に代わって、4代目相棒役に女優の仲間由紀恵さん(32)が候補として本命視されているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング



 共演者のキャスティング決定権はテレ朝局内で「殿」と呼ばれている水谷にある。その殿が4代目に織田裕二(47)をプッシュしている――と、つい最近も女性週刊誌が報じていた。ところが、局内では別に“本命”と噂される大物女優がいるという。新婚ホヤホヤの仲間由紀恵(35)だ。

「現在放送中のシーズン13の初回と元日、いずれも2時間スペシャルの放送回に出演しているのですが、それが足がかりではと言われています。というのも、初回こそメーンゲストとしてスポットを浴びたものの、2度目は廊下で右京と挨拶を交わすだけの“チョイ役”で出演。露出を増やすために取ってつけた感アリアリで、今後のレギュラー出演をにおわすような扱い方だった。これまで織田以外にもSMAPの稲垣吾郎など複数の俳優の名前が挙がっていましたが、“仲間で本決まり”なんて声が聞こえてます」(テレ朝関係者)

警視庁から「内閣情報調査室」への出向を経て、警視庁広報課長に新任した子持ちキャリアというのが、仲間の役どころ。いまのところ、前出のスペシャル以外に出番はないが、番組HPの相関図にはシッカリと名前が記され、すでに“相棒ファミリー”の仲間入りを果たしている。

「相棒」自体、放送中の現シリーズも平均視聴率15%超をキープするが、一時期の勢いはなく、マンネリ感は否めない。そこに「初の女性相棒誕生」を打ち出せば、いい宣伝になる。

「仲間サイドにしても、悪い話ではない。ちょうど14年間続いた『TRICK』(テレ朝系)シリーズが、昨年1月公開の劇場版で終止符が打たれたタイミング。しかも、『TRICK』のプロデューサーが今期から『相棒』を担当しており、環境面もバッチリです。仲間は前クールの主演ドラマ『SAKURA』(TBS系)が大コケし、『花子とアン』(NHK)で上向いた“仲間ブランド”もケチがついた。主役で矢面に立つぐらいなら、気楽な準主役女優の道を視野に入れてもおかしくないでしょう」(テレビ局関係者)

 男女のオーバーアクトによる「相棒」コンビ、悪くないかも。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「女性が相棒って違和感あるなぁ」「相棒もマンネリ感が出てきたから、女性刑事を起用して話題を作りたいのかも」「仲間由紀恵は嫌いではないけど、演技はヘタだよ… いっそのこと仲間由紀恵の旦那さんのが良い気がする」「仲間由紀恵はいつかまた阿部寛とTRICKやってくれるって信じてる」「次の相棒が誰になってもストーリーの質がどんどん落ちてるから駄目だよ。俳優より脚本見直すべき」などの声が。

織田裕二さんという報道もありましたが、本命は仲間由紀恵さんなんですね。女性の相棒は新鮮でいいかもしれません。

ただ、仲間さんは綺麗すぎるのでどうなんでしょうね…。キャラの立った俳優の方がマンネリ化の歯止めになるかも!?



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-0717862858057350"
data-ad-slot="5517727915">

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に