ウクレレ漫談家の牧伸二さん(享年78)が4月29日未明、東京都大田区の丸子橋から多摩川に転落して死亡した。投身自殺とみられる衝撃的な死を遂げて一夜明けた30日、牧さんが会長を務める東京演芸協会の資金をめぐり、金銭トラブルを抱えていたことが明らかになった…

【送料無料】牧伸二のウク...

牧伸二のウク…
価格:2,520円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

関係者によると、牧さんが会長を務める東京演芸協会では歴代会長から引き継がれ、会長が保管する資金があった。額は約650万円。協会で大きなイベントを行う時や協会運営で資金が足りなくなった時などに、会長の決裁で補てんするプール資金だった。

 しかし、牧さんは99年に会長に就任し、14年の長期政権となり、昨年暮れから「牧さんが私的に使っている」とのうわさが流れた。一部会員から約650万円がまだあるのか疑義が出されたため、牧さんは舞台をすっぽかした28日夜に開催予定の理事会で通帳を持参し、資金があることを開示する予定だった。しかし、牧さんは現れず、その後、丸子橋から転落して亡くなったため、資金をめぐる真相解明はかなわなかった。

 この日の緊急理事会後に取材に応じた原一平副会長は「牧会長には通帳を持ってきて、疑いを晴らしてほしかった。僕らは会長を信じています」と話した。また、原副会長によると、牧さんは「14年も会長をやってきたし、心機一転し、新しい会長の下でやってほしい」と5月に開催される総会で会長を退任する意向だったという。退任の場合、会長がプールした資金を新会長に引き継ぐが、原副会長は「牧会長が金に困っている様子はなかった」と話した。

 一方で、牧さんは目の視野が狭くなり、耳がよく聞こえなくなるなどの体調不良に悩んでいたという。02年に脳出血で倒れた後にリハビリで復帰したが、つえを手放せず、ウクレレも以前のように弾けないなど、思うような活動ができなかった。28日午後2時ごろ、牧さんが最後に立ち寄った浅草の喫茶店の関係者によると、「30分ほどで出て行った。いつもは明るい人なのにふさぎ込んだ様子だった」という。それが目撃された最後の姿になった。(以上日刊スポーツ)


皆さん口を揃えて「原因がわからない」と言ったのは、亡くなった牧さんや家族に配慮してのことだったのでしょうか…。
金銭トラブルが自殺の動機と決まったわけではありませんが、通帳の開示日に仕事をすっぽかし、その後自殺したとなると、やはり偶然だとは考えにくいですね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に