昨年、175RのボーカルSHOGOとの熱愛報道が出たIMALU。父親である明石家さんまは、可愛い一人娘の熱愛報道にかなり怒っているようで、年末の特番でも怒りを露わにするほど2人の交際には反対している様子。
それほどさんまが大反対する理由には、SHOGOの現在の仕事や離婚歴などにあるようだ・・・
そんな名前 欲しくないよ(初回限定)(DVD付)
詳細は⇒ブログランキング

『さんタク』(フジテレビ系)の中で明石家さんまが娘・IMALUの熱愛報道について口を開いた。

昨年の11月に、IMALUとロックバンド175R(イナゴライダー)のボーカルSHOGOの熱愛報道が再燃した。この2人の熱愛が取り沙汰されたのは、遡ること2009年の7月であった。
その当時はIMALUもSHOGOも熱愛を否定していたのだが、2年の月日が経ち再び熱愛報道が浮上した。

この熱愛報道についてさんまは、「絶対認めない!」と怒りを露わにする。
さんまが一番怒っていることは、SHOGOが175Rの活動を休止していることにあるようだ。175Rは1998年に結成されたバンドで、2003年に「ハッピーライフ」でメジャーデビューを果たした。
紅白に出場するなど若者を中心に人気のバンドとなったが、2010年9月に活動休止を報告している。

さんまにとってバンド活動を休止しているということは“無職=プータロー”と映ったようで、そんな男と娘が付き合っているというのが許せないようだ。さらに「もしプータローに“娘さんを下さい”なんて言われたら嫌だ」と、IMALUがSHOGOと結婚するところまで話は飛躍したのだ。

以前から、一人娘であるIMALUが芸能人と付き合うことを嫌っていたさんまだが、相手が無職となると尚更許せない部分があったのだろう。さらに一部では、SHOGOがバツイチで子持ちであることもネックになっているとも言われている。

木村拓哉が番組内で「もう一度175Rの活動を再開させよう!」、「仕事しよう」とSHOGOにエールを送っていたが、さんまにとってSHOGOは可愛い娘に手を出した男としてしか映っていないのではと感じてしまった。(以上Techinsight Japan


ネットでは「父親として当然の反応」「こればっかりはさんまに同意するよ」「遊び人の娘は遊び人の男に遊ばれる運命なんだろうな」「IMALUも職業:七光りだから実質無職だろ」「わざわざバツイチで子持ちを選んださんま、親と同じ道を歩もうとする娘、いいんじゃね」などの声が。

父親だったら娘のカレが誰でも嫌なんでしょうが、公の場で相手の名前を出してまで否定するとは、さんまさんのSHOGOさんに対する素直な感情が露呈したとしか思えませんね。

2人のお付き合いはまだ続いているそうなので、テレビを通してIMALUさんに釘を刺しているようにも見えます。

昔遊んでいた父親ほど娘の男性関係に対しては口うるさくシビアになると言いますが、さんまさんの場合はどうなんでしょうか・・・。これだけ強く反対されるとIMALUさんも意固地になってしまい、逆効果な気もしてきます。

今後もし結婚なんてことにでもなれば、さらに大変なことになりそうですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に