昨年3月に『週刊文春』で薬物使用疑惑を報じられ、同年9月には14年連れ添った亜希夫人との離婚を発表した元プロ野球選手・清原和博さん(47)が、持病の糖尿病悪化して末期的な状態だとささやかれている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 “球界の番長”こと清原和博氏をめぐり、再び緊急入院情報が駆け巡っている。話が回り始めたのは、昨年末。ある週刊誌記者が「清原が入院した」「今回はかなりヤバイらしい」と騒ぎ始めたのだ。

 清原といえば、昨年「週刊文春」(文藝春秋)で薬物疑惑が報じられ、シャブ抜きのために都内病院に入院したと報じられた。

 これに清原は、疑惑を完全否定するとともに、体調不良の理由は薬物ではなく、持病の糖尿病が悪化したためと説明。先月2日には、元メジャーリーガー・佐々木主浩氏のプロ野球殿堂入り祝賀会に出席し、それまでの不健康な激太りから一変、スリムな姿を披露し、健在ぶりをアピールしたが……。

「実は、その痩せ方が、今回の入院情報の論拠となっているんです。てっきりダイエットに成功したのかと思いきや、実は糖尿病が悪化し、末期的な状態といわれているんです」(ある関係者)

 これについては、先月末に発売された文春の中でも触れられている。このところ清原氏は周囲に「最近手足が痺れるんや」とこぼし、佐々木氏のパーティーに出席する際には会場近くに看護師がスタンバイ。そこで血糖値を下げるインスリン注射をしていたというのだ。

 手足の痺れは糖尿病の合併症である末梢神経障害が疑われ、放っておけば壊死を招く危険もある。

「佐々木氏のパーティー出席後、しばらくして清原さんの容体がさらに悪化。昨年末に病院に担ぎ込まれたと聞いた。結局、裏は取りきれなかったが……」とは週刊誌記者。

 本人が元気な姿を見せない限り、この手の“不穏情報”は今後流れ続けそうだ。(以上msn)


ネットでは、「引退後の食生活酷かったらしいもんね」「そりゃ糖尿で酒飲んでりゃ悪化するわな」「自業自得、治療の努力もしなかったんなら仕方ないね」「あれはダイエットに成功したんじゃなくて糖尿病の末期で痩せてたのか・・」「なんか肌の色がおかしい 焼いてるというより肝臓もやばそう」「痛々しいなぁ 自分を大切にしなきゃダメだよ」などの声が。

清原さんの痩せた姿に周囲からは『ようやく節制する気になったんだな。良かった』と安堵の声が聞かれたそうですが、実際は糖尿病の症状で痩せただけのようですね…。すでに合併症の症状も出ているみたいですし、末期は言い過ぎだとしても、危険な状態であることは間違いなさそうです。

元々節制とは無縁の生活を送っていたという清原さんでしたが、亜希夫人との離婚でそれまで以上に荒れた生活を送るようになったと言われています。

これ以上悪化させないためにも、生活を改めて治療に専念してほしいですね。

▼糖尿病末期!?激ヤセした清原和博 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に