AKB48渡辺麻友さんと、女優の稲森いずみさんがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)の第3話が28日に放送され、平均視聴率4.6%と最低記録を更新したことがわかった。初回から6.2%とつまずき、1996年4月に設けられた同連ドラ枠の初回において、歴代最低を記録した同作。それをさらに下回る今回の結果に、同局もお手上げ状態だという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング



 第3話では、同僚の三田(千葉雄大)に告白するも、フラれてしまった亜紀(渡辺)。今度は小幡(大東駿介)から付き合ってほしいと告白されるも、「フラれたばかりで冷静な判断ができない」と返事を保留にする。そんな折、理子(稲森いずみ)を守ろうとした三田が、万引き犯に刺されてしまう。

 ネット上では、「面白くなってきた」「渡辺麻友の演技が、だんだんよくなってきた」という声も見受けられるものの、「この脚本では、まゆゆもかわいそう」「原作は面白いのに、イメージ壊しすぎ」と、脚本に難色を示す声が相次いでいる。

「脚本は、羽鳥慎一アナの妻としても知られる渡辺千穂氏。昨年4月クールの沢尻エリカ主演深夜ドラマ『ファースト・クラス』(同)の脚本が大好評だっただけに、視聴者からは『<ファースト・クラス>は面白かったのに……』『脚本家の渡辺さん、今回は調子悪いのかな?』『原作モノは苦手?』といった声が上がっている。また、相変わらず『まゆゆを見たいと思わない』という女性の意見も多く、裏番組の木村文乃主演ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系)に引き離されています」(テレビ誌記者)

 今週は、剛力彩芽主演『天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課』(テレビ朝日系/金曜23時15分~)や、比嘉愛未主演『恋愛時代』(日本テレビ系/木曜23時58分~)といった深夜ドラマをも下回ってしまった『戦う!書店ガール』。これ以上、惨状が続かなければいいが。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「いつもドラマの視聴率が悪いと主演の責任にされるのになんで今回は脚本家のせいなんだよw」「まゆゆが主演だからじゃ、、?」「AKBって聞いただけで見る気が失せる。同じようにEXILEって聞いただけで見る気が失せる。どっちもゴリ押しでつまらなそう」「正直なところ、稲森いずみの単独主演で観たかった。最近観なくなったラブコメ路線って感じが観てて楽しい」「単純に、まゆゆ推しの為に出来たドラマ という先入観で見る気にならなかった」「あれだけ推されてる有村架純や本田翼ですらまだ連ドラ主演やってないのになんでAKBごときが主演やるのかね。そりゃコケるに決まってんじゃん。事務所も大事に育てりゃいいのに」などの声が。

初回も第2話も6%台をキープしていたのでこれ以上は下がることはないかと思っていたのですが、第3話でガクッと落ちてしまいましたね。

一歩リードしている裏番組の『マザー・ゲーム』も視聴率は8%前後と、好調とは言い難く、『戦う!書店ガール』に限らずドラマ全体が衰退している印象です。

とはいえ、深夜ドラマを下回るというのはやはりドラマに何かしらの問題があるのかも…。

渡辺さんの演技の評判は悪くないのですが、主演が「AKB」というだけで内容の薄いアイドルドラマを想像し、敬遠する人も多かったようです。アイドル界ではトップの地位でも女優としては新米ですから、脇役で実績を積んでから主演でもよかったかもしれませんね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に