10月21日にスタートするドラマ女はそれを許さない』(TBS系)で、初の弁護士役に挑戦する深田恭子さん(31)と、6年ぶりに民放連ドラに出演する寺島しのぶさん(41)。演出は『君に届け』『近キョリ恋愛』などの話題映画を手がけてきた人気監督熊澤尚人氏(47)。これが初めてのテレビドラマ演出になることで注目を集めていたのだが、現在は同ドラマのホームページから熊澤氏の名前がすっかり消えいるのだ。実は、深田さんサイドと大モメして降板してしまったという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

(un)touch [ 深田恭子 ]

(un)touch [ 深田恭子 ]
価格:3,024円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



「実は熊澤さんは9月に入って正式に降板したと聞きました。クランクイン直前になって深田さんサイドから、役柄の設定について変更要請が入って大モメしたそうです。もともとはドジな女性の奮闘を描いたドラマだったんですが、彼女はどうしてもその役が気に入らなかったようなんです。30代に入ってイメチェン中ですからね…」(テレビ局関係者)

 確かに今年に入ってから深キョンはこれまでのチャーミングな癒し系とは真逆の路線をいっている。2月には『FRaU』(講談社刊)で下着姿になり大人の魅力を魅せつけた。また最近では『GOETHE』(幻冬舎刊)で、つまらないミスにひとりで逆ギレするような知性とプライドを備えた秘書に扮し話題になった。

「深田さんが女優風を吹かせるのはかまわないんですが、それってもう少し前に言えたと思うんですよ。主演である彼女の役柄変更となると、結局すべての脚本を書き直す必要が出てきますから、すべての出演者の役柄、台詞もちょっとずつ変わってきますよね。特に寺島さんとの掛け合いがドラマの見所のひとつとなっていますから彼女への負担は大きかったはず」(前出・テレビ局関係者)

 これに対して、寺島としても納得行かないところもあったはずだ。

久々のドラマの現場で、主演というだけでキャリアも年齢も下の深田さんに振り回されて、寺島さんだって降板したい思いだったと思いますよ。でも熊澤さんのかわりに立った新たな演出家が昔からの友人だったことで、彼を助けたいという思いのほうが強くなったそうなんです」(芸能関係者)

 ドラマの撮影も、かなり遅れているようだ。

脚本家も急遽もうひとり追加になったそうですが、10月に入ってやっと1話が撮り終わったそうです。こんなにピリピリした現場はそうそうないと思いますよ。今のところ寺島さんと深田さんが直接対決することはないんですが、“仏の顔も三度まで”ですよ。寺島さんは今、深田さんの動向を鋭い視線でギラッと観察しているような感じだそうです」(前出・芸能関係者)(以上NEWSポストセブン)


どうして早めに申し入れなかったのでしょうか?

主役の役柄が変わるということは他の役にも手を加えないといけないでしょうから、大変な作業だと思いますし、共演者やスタッフに迷惑がかかりますよね…。

最終的には監督が降板となり、深田さんサイドの要望が通った形のようです。すでにピリピリムードの現場だけに、視聴率が振るわないなんてことにならないといいのですが…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に