昨年12月に最愛の母を亡くし、3月の世界選手権では失敗が重なり6位に終わったフィギュアスケートの浅田真央。つかの間のオフを経て、すでに活動しているが、振付を担当するタチアナ・タラソワが腰痛を悪化させて緊急入院。別の振付師に変更を余儀なくされることになった。
そこへ、この情報にいち早く飛びついたのが安藤美姫のコーチとして知られるニコライ・モロゾフだ…

詳細は⇒ブログランキング

「タラソワの入院を聞くやいなや、モロゾフは日本スケート連盟の関係者をつかまえては、『マオは、今季のプログラムを誰に頼もうとしているんだ?』と情報収集に励んでいました。さらに『もし、僕がマオのプログラム作りに参加したら必ず復活させてみせる!』と、自信満々でした。早速、浅田サイドに”振付したい”とオファーしたそうです。モロゾフは大物選手を担当することで、自分のコーチとしての価値を高めることに懸命ですからね」(フィギュア関係者)

モロゾフといえば安藤が心酔し、公私ともに二人三脚で歩んできたコーチ。安藤が休養宣言した今季は、公の場で一緒にいる姿を見かけなくなってはいた。しかし、彼がライバル浅田のコーチを熱望していると知ったら、安藤の心中は穏やかではないのでは……。

「モロゾフの『私が振付を』という囁きに、真央ちゃんは『安藤さんのコーチだから、教えてもらうのは……』と、複雑なようです。現実的には、タラソワが自分の代わりとなる新しい振付師を真央ちゃんに推薦してくるでしょうね」(別のフィギュア関係者)(以上女性自身)


▼韓国のスケート選手が整形して浅田真央そっくりの顔に!?▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

浅田選手のような一流のスケーターの振付を担当したいと思うのは振付師なら当たり前のようですが、モロゾフ氏は安藤選手のコーチなので現実的には難しいでしょうね。
まだ正式に発表されていませんが、順当にいけば、昨シーズンのフリーの振付をしたローリー・ニコル氏が今季も担当する可能性が高そうです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に