ジュリー”こと歌手の沢田研二さん(66)が今月20日に行われたコンサート会場で、ファンに「嫌なら帰れ!」と突然ブチ切れる場面があり、会場を凍りつかせたという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

ROYAL STRAIGHT FLUSH [ 沢田研二 ]

ROYAL STRAIGHT FLUSH [ 沢田研二 ]
価格:1,787円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


「何が起こったのか一瞬わからず、会場は静まりかえりました」(観客のひとり)

 「2015 沢田研二 正月LIVE」が開かれた1月20日。会場は東京国際フォーラムのホールAで、キャパの5000人はほぼ満席に近い状態。「昭和90年のVOICE∞」と題し、東京、名古屋、大阪と主要都市の全6公演を回った最終日ということもあり、グループサウンズ時代からのファンが多く訪れ、熱気ムンムンだったという。

 ところが、いざ開演してみると1曲目の「LOVE(抱きしめたい)」以降、往年のヒット曲が披露されることはほぼなし

「私が知っていたのは『君をのせて』と『6番目のユ・ウ・ウ・ツ』ぐらい。『TOKIO』も『危険なふたり』も『勝手にしやがれ』も歌ってくれないんだから! 昔のジュリーの歌が聞けると思ってきたのに拍子抜け」(60代女性)、「お腹の回りについたぜい肉が玉にキズだったけど、ふなっしー顔負けで何度も跳びはねたりと精力的に動いていた。本人は新曲を出し続けているし、現役感をアピールしたかったのかもしれないけれど、やっぱり、私たちが聞きたかったのは昔の歌なんですよねえ」(別の60代女性)などなど、ライブに訪れた観客からはこうした不満の声が漏れていた。

■客席の「歌って~!」の声に…

 そして、2時間近く歌い続けたジュリーが最後の最後でMCに立った時、“事件”が起こった。「イスラム国」の日本人人質事件にも触れつつ、「皆さん、大変な事態になりました。日本の将来を憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません」と、自説をとうとうと述べるジュリーに、客席から「歌って~!」という黄色い声援が……。

 すると、その声に反応したジュリー。間髪入れずにステージ上から、「黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!」と怒鳴りつけたというのだ。ファンは目が点。会場は凍り付くような雰囲気に包まれたというわけだ。

 ジュリーは「3・11」以降、被災地への祈りと反脱原発ソングをリリースし続け、12年の衆院選では山本太郎氏の街頭演説にも参加している。政治への意識と関心は高く、憲法9条の大切さを訴えたり、ステージ上で「アッカン、アベ~」と安倍政権をからかうような発言もしている。

 悪くなる一方の政治情勢へのイラ立ちがステージ上での発言につながったのだろうが、楽曲を楽しみにしているファンに向かって「嫌なら帰れ」はやはり暴言だろう。今は“ボギーの時代”ではない。思いの丈はぜひ、別の機会にぶちまけてほしい。(以上日刊ゲンダイ)


ネットでは、「お金と時間を使って会場まで来てくれるファンに何してんだよ」「昔凄かった人が次から次へと残念になっていく姿は見たくない」「街頭演説ならいいと思うが古くからの応援してくれてるファンが高いカネ払ってわざわざ何しに来てくれたのか、考えられないとはまずいよねえ」「桑田といい、ジュリーといい・・・・」「せめて昔の歌をたっぶり歌ってやってから演説したらよかったのに」「年をとるとキレやすくなるんだろうか…」などの声が。

沢田さんのコンサートは4、5曲歌い終わったあとで近況などについての長いMCをやるのが恒例だそうです。

そのMC中に「歌って~」は確かに失礼ですが、他のお客さんもいるわけですから別のたしなめ方があったのでは。そのファンは暴言を吐いたわけでもありませんし、「嫌なら帰れ」とブチ切れるのは大人げないですね…。

沢田さんってコンサートではいつもこんな感じなんでしょうか?



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-0717862858057350"
data-ad-slot="5517727915">

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に