女優の沢尻エリカさんが突然の活動休止を発表した。番宣ではと言われていた体調不良だが、フルヌードや濡れ場が話題の主演映画『ヘルタースケルター』のPRの時期だけに、原因について様々な憶測も流れている。

詳細は⇒ブログランキング

「21日からマスコミ向けの試写会がスタート。本格的に映画の宣伝を始める矢先ですから、現場は大混乱です」(映画関係者)沢尻エリカ(26)が突然、芸能活動休止を発表して大騒ぎになっている。フルヌードが話題の主演映画「ヘルタースケルター」の公開を7月に控えたこの時期に、あの“エリカ様”である。「体調不良のため一定期間の静養が必要」(所属事務所)という発表をうのみにする業界関係者は少ない。

真っ先にささやかれたのが映画宣伝のためのヤラセ休業説。たしかに15日から芸能マスコミはこの話題でもちきり。ワイドショーでも大々的に取り上げられた。PRとしては大成功だ。
しかし、「ヘルター」の蜷川実花監督が「あまりに出来すぎな筋書きに、物語が現実に追いつかれそうな気がしてなりません」『りりこの役がなかなか抜けない』と言っていた彼女に静養が必要なのは、必然のような気がします」と真面目なコメントを発表。「これでヤラセだったら芸能界追放ものです」(芸能ライター)

それでは本当に体調不良なのか。一部報道ではエキセントリックな役柄にのめり込み、大胆な濡れ場を演じ切った代償で心身のバランスを崩してダウンしたという。今作は精神錯乱のシーンも多い。役柄が憑依(ひょうい)するタイプの女優は、撮影が終わっても現実の世界に復帰するのに時間がかかるとか。もっともエリカ様はそんなタイプなのかどうか……。

最初は妊娠を疑いました」というのは芸能リポーターの川内天子氏。「映画の撮影はとうに終わっているのに、この時期になって体調不良でPR活動を全部休止するなんてちょっと不自然ですからね。あと、考えられるのは夫の高城剛氏による横やり。正式な離婚は成立していないのに、芸能活動を再開させた妻に注文をつけたことは十分に考えられます」

07年の「別に」騒動を乗り越えて女優復帰を果たし、先日放送された単発ドラマ「悪女について」(TBS)で再び評価を高めた矢先の休業――。映画は大ヒット確実かもしれないが、後味の悪さが残る。(以上YAHOO!エンターテイメント)


沢尻エリカさんは才能が輝く女優さんであると同時に、本当に話題提供が多いですね。
どんな理由でも注目されるというのは、スターの証拠です。また活動を開始する時にも話題にあがるでしょう。マスコミを上手に利用していますよね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に