映画『ヘルタースケルター』の公開を3ヵ月後に控えている沢尻エリカが、劇中でバストトップを大胆に披露するという。沢尻が演じるのは、全身整形により絶世の美貌を手に入れてスターになった元デブ専風俗嬢役。激しい濡れ場もあり、過激な描写が満載だと噂される今回の作品。
しかし、そこに立ちはだかるのは“R指定”の壁である。観客動員数を気にするあまり、バストトップがカットとなる可能性も出てくるらしい・・・

詳細は⇒ブログランキング

映画関係者が興奮気味に語る。

「撮影は、1月16日にクランクインし、2月21日にクランクアップ。現在は、スタッフや出演者などの映画関係者向けの0号試写に向けて編集作業も大詰めです。しかし、それにしても沢尻エリカはすばらしい裸体を披露していますよ。ムダな肉がなく、でも、出るところはしっかりと出たみごとなボディに、スタッフからも『ここまでやったのか』と感嘆の声が上がったほど。そして濡れ場のシーンでは、形のいいバストの頂に咲く勃起したピンク色の乳首が披露され、思わず息を飲んでしまいました。まさに、『ミロのビーナス』のようです

原作では、過激な描写が満載。沢尻とレズの相手を務める寺島しのぶ(39)とのカラミのシーンや、寺島の恋人役の綾野剛(30)を巻き込んでの3Pシーンも、映画のストーリーの中での重要なエピソードとして盛り込まれているというのだ。前出・映画関係者が続ける。

「視覚的にもさることながら、吐息や嗚咽、キスや愛撫の『ヌチャヌチャ』という体液が混じり合う音まで、かなりエロチックな音を拾っています。詳細はご自身の目で確かめてください。それほど目の覚める濡れ場を演じ切っていますから」

今回の作品にかける沢尻の意気込みは尋常ではない。芸能関係者が撮影秘話を明かす。

「沢尻は、映画のクランクインに合わせて、『日活ロマンポルノ』の名作を50本近く観て撮影に臨んだといいます。当然、濡れ場はもとより、演じている女優のたたずまいや、カラミに至るまでの相手を誘惑する際の手の添え方、顎の上げ方、上目使い、唇の動き一つ一つを観て、かなり緻密に演技プランを作り込んでいたようです。さらに、むっちりしたボディもエステ通いで、きっちりメリハリのあるボディに仕上げ、その官能的な裸体に、関係者も称賛を惜しまなかったといいます」

これまでの女優としてのキャリアをかなぐり捨てた、まさに“裸一貫”で挑んだ撮影。演じきった満足感もひとしおのようで、クランクアップ後の打ち上げでも、そんな様子がかいま見られたという。

しかし、その一方で公開までの約3カ月間に“越えなければいけないハードル”が待ち構えているという。さる芸能ライターが声を潜めて言う。

「実は、公開までの間に、バストトップの場面がカットされる可能性があるんです。2月に行われた記者会見で、くしくも共演者の寺島が、濡れ場について『見せてるバージョンと見せてないバージョンの2パターン撮っている』と明かしています。それに対し、沢尻も『R指定とか、大人の事情で面倒くさいんですよ。そこらへんにプロデューサーいるんだろうけど(笑)』と本音をぶちまけています

となると、これまで大物女優が濡れ場に挑んだものの前評判倒れで、結果、ヌードを見せない「脱ぐ脱ぐ詐欺」になるおそれも捨てきれないということか‥‥。

映画批評家の前田有一氏は、沢尻の“バストトップ解禁”に期待を寄せる。

「世間的なイメージやレーティング、いわゆる『R指定』による観客動員を気にするあまり、役者の熱演をカットしてしまうことが、日本では多々あります。しかし、脱いでこそいないものの、映画『モテキ』で長澤まさみ(24)が実証したように、濡れ場との相乗効果で興行収入的にもヒットを飛ばし、彼女も女優として評価を上げた。NHKですら、朝の連続テレビ小説のヒロインに、尾野真千子(30)や夏菜(22)といった濡れ場や裸を出すことをいとわない“女優”を起用しています。もう脱いだら落ち目、という時代ではありません。だから監督&プロデューサー陣が、どこまで沢尻の『意気込み』に応えられるか、それにかかっています」

前述のとおり、すでにピンクの乳首は撮影済み。あとは関係者の英断を待つのみだ。(以上アサ芸プラス)


▼沢尻エリカ ヘルタースケルター「動画」はこちら▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

寺島さんが2パターン撮影済みと暴露してますし、裏では大人の事情が色々と絡んでいるのでしょうね。この映画の場合、むしろR指定にした方が沢尻さん目当てのお客さんが多く集まりそうな気もしますが、それでも観客動員数にどう影響するのか前もって判断するのは難しそうです。
公開される映画で沢尻さんの意気込みが反映されるのでしょうか!?公開が楽しみですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に