カトパン”こと加藤綾子アナウンサー(29)が『めざましテレビ』の生放送中に体調不良で途中退席し、急きょ入社1年目の新人、永島優美アナ(22)が代役を努めた。これに心中穏やかではないのが加藤アナだという。緊急事態にも動ずることなく無難にこなした長島アナに負けず嫌いの加藤アナが闘争心を燃やしているとも…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


9月29日から、ショーパン(生野陽子アナ・30才)に代わって、フジテレビ系『めざましテレビ』のメーンキャスターを務めているカトパンこと加藤綾子アナ(29才)が、10月27日、体調不良を理由に生放送を途中退席した。

 午前5時25分の番組開始当初は「おはようございます」と元気に挨拶。ニュースを読んだりしていたが、午前6時前にはスタジオから姿を消した

原因は発熱と胃腸の痛みと聞きました。カトパン本人はかなり我慢して本番を迎えたようですが、最後は耐えきれなくなって途中退席となったそうです」(番組関係者)

 そんなカトパンの代打に選ばれたのが、新入社員の永島優美アナ(22才)。これには局内が騒然となったという。

「これまで局を代表する女子アナが座ってきたあの看板席に、入社半年ほどの女子アナが座るなんて前代未聞…。カトパンだって、ショーパンと仁義なき戦いを繰り広げて、ようやく座ることができた席ですよ。それをあっさりというかね…」(テレビ局関係者)

 しかもこの日は、アナウンス力に定評がある山崎夕貴アナ(27才)も出演していた。スポーツキャスターの父を持つゆえ「コネ入社」といわれたり、「社長のお気に入り」といわれたりしている永島アナ。そんな彼女に白羽の矢が立った本当の理由とは?

「山崎アナは、『めざましテレビ』の後に『ノンストップ!』の生放送が控えていたため、さすがに午前中2本の生放送は厳しいだろうという判断だったんです。永島アナの滑舌の良さは局内でも定評があり、高齢の視聴者から“聞き取りやすい”というはがきが来たこともありました。ですから決まった原稿があるものに関しては、永島アナが読むことに対して不安視する声はありませんでした。とはいえ、アドリブや時間調整などが必要なコーナーは永島アナには無理だと判断し、そういうコーナーは山崎アナが担当することになったんです」(前出・番組関係者)

 しかしこれに心中穏やかでないのがカトパンだという。

「長きライバルだったショーパンがいなくなったと思ったら、アナウンス力抜群の新人があっさり自分の代打を務めあげた。もともとカトパンは負けず嫌いなところがありますから、闘争心メラメラでしょうね」(前出・テレビ局関係者)(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「ついこないだまで大学生だった子に代役されるのは確かに屈辱的かも」「新人でいきなり代役を任せられた割にはすごく堂々としてた!」「お父さんはカミカミなのにすごいね」「アナウンサーはみんなプライド高そうだからね」「永島優美はコネ入社&ゴリ押しってずっと言われそうな気がする」などの声が。

加藤アナ不在の緊急事態にも動揺せず、無難にこなした長島アナを評価する声は多く、すでに将来のエース候補と言われているとか。

多忙で体調不良が心配される加藤アナですが、新人の後輩に代役を努めさせるわけにはいかないと、意気込んでいるかもしれませんね。

エースの座を明け渡すわけにはいかない加藤アナ。女子アナは入れ替わりの激しい厳しい世界ですね…。

▼永島優美代アナ 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に