次長課長河本準一さんの生活保護不正受給しているとの報道について、河本さんが所属する吉本興業がコメントを発表した。コメントによると、不正受給のそしりと受ける違法行為は存在しないとのことだ。
そして、プライバシーに関わる報道に対しての批判もあった。現在に至るまでの河本さんが行ってきた努力についても説明している。

詳細は⇒ブログランキング

吉本興業がこの日、公式サイトに掲載した「河本準一に関する一部報道について」と
題するコメントによると、4月下旬の女性誌に続き、17日発売の週刊誌3誌が疑惑を一斉に報道した内容を「不正受給のそしりを受けるような違法行為は存在しない」と完全否定。
また「河本の親族が生活保護費の受給を受けているという重大なプライバシー情報が報道されていること自体、重大な人権侵害」と批判した。

さらに片山議員に対しても「河本の親族側の事情も十分に確認しないまま、実名をもって個人に対する批判的な発言をなさったのは非常に悲しいこと」と、河本側の人権に配慮がなかったとして遺憾の意を表明。18日の面会では適正受給であることを訴え、何らかの行政指導があれば適切に対処するとしている。

受給の経緯については「河本本人はなるべく親族に負担をかけることがないよう、いつかは生活保護に頼ることなく自分の力だけで養っていける状況にできるよう、担当の福祉事務所などとも相談しながら懸命に努力してきた」と説明した。(以上Yahoo!エンターテイメント)

国会議員が発言をするなど、大きな問題になってきた河本さんが抱える生活保護費受給問題。
吉本からのコメントにある様に、プライバシー侵害の報道は遺憾ですよね。ですが、本当にこれが不正受給だった場合はプライバシーの侵害には当たらないことになります。

また一部の情報では、5月からは河本さんの母親は生活保護費の受給を取りやめたとのこと。これが事実ならば、報道が大きくなったことにより、報道の通り不正だったから取りやめたとも考えられます。生活できるということが明らかになったわけですから。

ただし、人権にかかわる報道は慎重に行って頂きたいですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に